2016年阪神ドラフト4位浜地真澄に備わる福岡大大濠イズム。高い思考力を武器に翔く豪腕。

2016年阪神ドラフト4位浜地真澄に備わる福岡大大濠イズム。高い思考力を武器に翔く豪腕。

高校生九州No.1投手として注目されていた浜地真澄選手が、ドラフト4位で阪神タイガースに指名された。実力を評価されていたものの、高校3年生夏の予選で初戦敗退。3年間で甲子園出場ゼロという実績不足もあり、指名漏れも覚悟していたというが、吉報が届いて一安心。

ドラフト3位では、同じ高校生で須磨翔風高校の才木浩人選手が指名されており、双方とも素材型としての指名となったわけだが、体格・才能ともに一級品なのは間違いないだろう。藤浪晋太郎とは異なり高卒即戦力投手ではないものの、将来を期待できる右腕なだけに、個人的に非常に楽しみな選手である。

Sponsored Link

実家の甘酒パワーで作り上げた強靭な肉体

名前:浜地真澄
身長:184cm
体重:88kg
利き手:右投げ右打ち
出身高校:福岡大大濠

浜地選手の実家は、1870年創業の老舗「杉能舎」で酒蔵を営んでいる。主に、甘酒や地ビールの製造から販売まで手がけているのだが、高校2年生の頃から、栄養価の高いノンアルコールの甘酒を毎日飲むようになり、ケガに強い体をしっかりと作り上げてきた。その甲斐もあり、大きな体格に恵まれることとなった。

高校時代は、2年生秋から主戦投手となったのだが、球速はMAX150kmにまで成長。スライダー・カーブ・カットボール・チェンジアップを織り交ぜながら、落ち着いて投球できる性格も投手向きだと言えるだろう。さらに、大きな体格に恵まれたことから、球速もまだまだ伸びる可能性があるだろうと、プロのスカウトも絶賛するほどの素材だったそうだ。

しかしながら、同世代では高校BIG3と呼ばれる選手(寺島・藤平・高橋)をはじめ、今井・高田・堀などの好投手が多いこともあって、上位指名されるほど大きく注目を集めることはなかった。甲子園出場の機会に恵まれず、最後の夏も初戦敗退したことも当然影響しているだろう。それでもドラフトで声がかかったということは、それだけ伸びしろが大きいと判断された素材だからこそである。

母校・福岡大大濠のイズムを継承する「頭脳派選手」

浜地選手の母校といえば、バスケットボールなどスポーツで有名な福岡大大濠高校だ。野球に関しては、実力がありながらも甲子園に一歩届かないことが多いが、選手の思考力を伸ばそうとする育成方法は八木啓伸監督ならではと言われている。

2017年選抜甲子園に出場する同校のエース三浦銀二選手も、浜地選手と同様に九州No.1投手と呼び声高い。彼は、MAX144kmの直球を武器に、素晴らしい制球力と冷静な投球ができる選手だそうだが、そのスタイルは浜地選手譲り。調子が良くても悪くても、ゲームをきちんと作ることができる安定感は、どんな場面でも自らの頭を使って問題解決できるからであり、普段から細部にわたって考える習慣を持つ「福岡大大濠イズム」を継承しているからだ。

Sponsored Link

その証拠に、三浦選手は雑誌の取材でこのように発言している。

打者との間合いを計って、察知しろ。立ち位置、バットの握り方、前の打席の打撃、全てを観察しろ。これ浜地さんにアドバイスを受けました。カーッとなることはないですね。ランナーはどれだけ出しても、点をやらなければいい。

福岡大大濠の野球部では、浜地選手やOBから継承された「考える野球」が実践され、今や素晴らしい頭脳派集団となっているのだ。見事に甲子園出場を決めた今春も、日大三や早実、履正社、大阪桐蔭などと並んで優勝候補と言われており、選手が育つ環境が同校には存在するのである。

浜地選手もこの環境で育ち、落ち着きがあり、考えてプレーできる選手へと成長したのだろう。なお、ドラフト3位の才木浩人選手も、高い思考力を持った選手であることは有名であり、この高卒ルーキー2人の今後の活躍をイメージすると、ワクワクが止まらなくなってしまう。

浜地真澄の憧れは藤川球児の「火の玉ストレート」

今年の阪神のルーキーは、藤川球児選手のストレートに憧れている選手が非常に多い。ドラフト2位の小野泰己選手、6位の福永春吾選手と並んで、この浜地真澄選手も藤川選手を目標にしているそうだ。

近年では、大谷翔平選手や藤浪晋太郎選手のように、160km級の剛速球を投げる投手が台頭してきている一方で、藤川選手のように「分かっていても打たれない」というストレートに魅力を抱く選手も少なくないらしい。そもそも、160kmの速球を投げられない選手がほとんどだが。

ドラ2で評価急上昇中の小野選手は、なかでも一番藤川選手の球筋に近いと私は感じている。高速スピンを効かせたポップするストレート、そして球速150kmを超えるスピード。これらを兼ね備えた選手こそ、分かっていても打たれないストレートを体現できるのだが、小野選手はこの条件をしっかりクリアしている。現に、春季キャンプでその片鱗を見せており、開幕ローテーション入りに近づいているほどだ。

浜地選手に関しては、まだまだ体作りの段階であるため、火の玉ストレートを披露することはできないだろう。しかし、恵まれた体格と球速はすでに一級品であるため、二軍でしっかり基礎体力をつけて、3年後に一軍の舞台で躍動できるように精進して欲しい。焦る必要はない、しっかり成長することを第一において欲しいのが、ファンからの切な願いである。

まとめ

2016年ドラフト4位指名を受けた、福岡大大濠の浜地真澄選手を紹介した。甲子園経験がない分、未知数な選手であることから、今後の成長が楽しみである。近年の阪神タイガースは、投手育成に長けた球団と言われており、井川・藤川・藤浪・岩貞などのエースが次々に誕生している。ぜひ浜地選手もグングン成長して、次期エースの座を掴んで欲しい。

Sponsored Link

2016年入団ルーキー編カテゴリの最新記事