地力で勝る阪神に勝機あり。キーマンは超人・糸井嘉男とロサリオだ!

地力で勝る阪神に勝機あり。キーマンは超人・糸井嘉男とロサリオだ!

阪神タイガースが連夜の打線爆発で2連勝をマーク!昨日は来日初ホームランのナバーロ選手をはじめ、ロサリオ選手、陽川選手、そして超人糸井選手がホームランを打ちましたが、やっぱり打撃戦は盛り上がるからいいですよね。

私は3日前くらいに「これから阪神は調子よくなるよ」と書きましたけど、まさにそのとおりの展開になりました。それもそのはず、糸井とロサリオ選手が復活したことで、そもそも実力のある阪神タイガースに戻ったからなんですよね。先に言っておきますが、ここから阪神タイガースは調子を上げていきますよ!

Sponsored Link

阪神に勝機あり。地力が戻った猛虎打線は案外強い

この2試合、阪神打線は調子が良くなっているように見えますけど、そもそもこれくらい打てる打線であることを忘れてはいけないと思うんですよね。金本監督もシーズン開幕前に「この3年で一番強いチーム」と断言したくらい、選手も成長しているし完成度も高くなってきているわけです。

1試合で勝敗を争うトーナメント方式なら、ジャイアントキディングのように実力どおりにはならない結果もありえますけど、長いペナントレースは基本的に実力どおりの結果に落ち着く。広島が首位を独走しているのは実力どおりだし、それ以外の5チームが混戦なのも順当かなと思うんです。

しかし阪神に関して言えば、広島に次ぐ2番手の実力はあると思っています。なんといっても鉄壁の投手陣がいますし、選手層もかなり厚いですよね。積年の課題は「打撃力」にあったわけですけど、今年は待望のロサリオ選手を獲得しましたし、若手選手の育成もドンドン進んでいますから、広島と優勝争いをしてもおかしくないくらいのレベルまで来ているのではないでしょうか。

Sponsored Link

ただ現在順位が伴っていないのは、ロサリオ選手の不振と糸井選手の骨折による離脱があったことと、あとは若手選手の歯車が少しずれているといった理由。上記2選手はようやく復帰しましたし、陽川・北條選手を筆頭に若手選手もようやく活躍し始めています。阪神タイガースが飛躍できなかった原因はズバリ「長打力」、つまり得点力がないことに尽きるので、ロサリオ・糸井選手の復活によってピースが埋まったわけです。

この真偽が問われるのが、今週の広島3連戦になるでしょうね。ここで広島の投手陣にピシャリと抑えられるのであれば、今年の阪神タイガースの実力を計り間違えてたことになりますし、これ以上の結果を求めるのは厳しいと言わざるをえないでしょうね。

実力あれど歯車が噛み合わないトリック

ものすごいスーパースターが集まったチームが、普通のチームに負けることはよくありますよね。野球に限らず、ビジネスでもよくある話ですけど、チームプレーは歯車がかみ合ったチームが一番強いと自分は思っています。これは仲の良し悪しとかではなく、人間同士の波長というか相性みたいなもんで、チームを組んでやってみないとわからないもんです。

ただ、その歯車は個々人の実力でできているものなので、個人の力が弱いチームは歯車も小さい。だからかみ合ったとしても、さほどのパワーを発揮できないわけですが、個人の力が強いチームは歯車が大きい。だから、かみ合ったときにとてつもないパワーが生まれるんですね。

阪神タイガースでいえば、この3年間金本監督はこの個々人の実力を磨いて、歯車をとにかく大きくしてきたんです。あとは歯車を噛み合わせることさえできれば上位にいけるんですけど、金本監督がそこの作業をきっちりやれるかどうかが大事になってきますね。

実力のある阪神タイガースですから、ぜひあとはチームのマネジメントに力を注いでほしいなと思います!

Sponsored Link

糸井嘉男カテゴリの最新記事