糸原が開幕ショートを手中に!北條・西岡との決定な違いとは?

糸原が開幕ショートを手中に!北條・西岡との決定な違いとは?

オープン戦もあと2週間となり、一軍の生き残り争いが熾烈になってきましたね。若手選手は必死でアピールを続けているわけですが、そろそろ開幕スタメンも決まってくる頃でしょうし、見ていて楽しい時期になってきました。

そんななか、オープン戦で好調を維持しているのが糸原選手。2年目のシーズンを迎える糸原選手ですが、今シーズンはショートのレギュラー候補という立場でかなりレベルも上がってきているようです。

Sponsored Link

開幕ショートのスタメンは糸原に決定か

たびたびショートのレギュラー争いに関してブログで記事にしてきましたが、いよいよクライマックスを迎えているようですね。

現時点で言えば、糸原選手が開幕ショートへ向けて一歩リードでしょうね。というか、ほぼ確定といっても良いくらいじゃないでしょうか。昨日は3打数2安打、2度のチャンスで2度のタイムリーという素晴らしいバッティングを披露したんですけど、「勝負強さ」という持ち味を存分にアピールできていますよね。

金本監督って、こういう泥臭い野球ができる選手が大好きな気がします。もともと糸原選手は、金本監督の推薦で獲得された選手ですし、速球に強く、勝負所で打てるのは確かに魅力ですよね。守備はこれからって感じでしょうけど、守備さえ力がつけば、一気にレギュラー獲得ってこともありそうではあります。

Sponsored Link

また、昨日ライバルである西岡選手も出場していたものの、守備で2つのエラーをしてしまい大量失点のきっかけを作ってしまいました。糸原選手と西岡選手の明暗がはっきりした一日でしたし、より糸原選手が開幕スタメンに近づいたかな~という印象でした。

北條選手もあまり目立った活躍がないなか、糸原選手だけが一歩リードしてきたわけなんですが、なぜ糸原選手がドンドンと頭角を現したんだろうと考えました。

私は、思考力が結構影響しているんじゃないかなと思っています。

これはインタビューを聞いているとわかるんですけど、「負けられない」「バッティングで三振を減らす」「守備でミスをしないように」というような言葉を発する選手が多いなと。北條選手なんてまさにそうなんですけど、ミスをしないためにガンバっている風に見えるんですよね。

言葉というのは自分の思考が出ますから、つまりはミスを恐れているという思考が強いということです。でも糸原選手は「勝負強いバッティングをアピールする」ということを常に言っているとおり、プラスの発言をよくします。つまりは、向上心やプラス思考が脳内に渦巻いているので、試合で力を発揮しやすいわけですね。

ですから、もし糸原選手が今回ショートのレギュラーを奪ったなら、またドンドン成長するでしょうし、息の長い選手になる可能性はかなり高くなると思っています。それだけメンタルというのは大切だし、阪神タイガースの選手はもっとメンタルについて勉強したほうがいいんじゃないかと思います。

Sponsored Link

糸原健斗カテゴリの最新記事