上本博紀は来季FA移籍濃厚か。大和に続く選手流出は吉か凶か?

上本博紀は来季FA移籍濃厚か。大和に続く選手流出は吉か凶か?

連日花粉が大量にまき散らされ、目と鼻とくしゃみで大変なことになっております。アレルギー予防のサプリメントを友人に勧められたので、それを購入して体調回復を図りたいと思いますが、花粉症ってホントに大変ですよね。

本日13時からソフトバンクとのオープン戦が行われますが、まだまだ若手主体のメンバー構成になると予想しています。若手選手にとっては、絶好のアピールの場であり、一軍生き残りをかけたサバイバルレースであるともいえますから、ぜひ頑張ってほしいところです!

Sponsored Link

上本博紀の来季FA移籍は濃厚か

さて、順調にいけば上本選手は2018年シーズンでFAを取得されることになります。実はほかにも、能見・メッセンジャー・鳥谷選手が取得する予定なんですけど、能見・鳥谷選手は年齢的にも阪神に残るだろうし、メッセンジャー選手も「阪神以外でプレーする気はない」と言ってくれているので、残留濃厚でしょう。

そうなると、気になるのは上本選手の動向になるわけですが、おそらく大和選手と同じくFA移籍を決断するんじゃないかと思っています。

その一番の理由は「出場機会」でしょう。昨季125試合出場、打率.284という上々の数字を残したことでほぼセカンドのレギュラーを奪ったように見えましたが、大事な場面でのエラー、送球ミス、ケガでの離脱もあったので、レギュラーは白紙状態となりました。

金本監督も昨日のインタビューで、

ウエポンは守備がどうしても、スローイングに問題があったり、自信がないからボールを追わなかったところがあったけど、それを克服したら打率・280に9本ですから。

と、コメントしていますね。ファンから見ていても、上本選手の守備はかなり不安でしたし、試合の終盤で大和選手と代わったときは、正直ホッとしていましたから。

さらに、昨季サードだった鳥谷選手がセカンドへコンバートされたことにより、ほぼレギュラーは奪われた形となりました。今季は出場機会がグッと減る可能性が高く、この1か月のオープン戦で必死でアピールしていかないといけません。

Sponsored Link

それらを考えると、上本選手はFA移籍に踏み切る可能性は大いにあるんじゃなかろうかと。ただし、大和選手は守備という最強の武器があったから良かったんですけど、上本選手のバッティングで言えば、ぶっちゃけ他にもスゴイ選手がたくさんおりますから。FAで獲ってくれる球団もそれほど多くないと思いますね。

ま、手を挙げる球団は、セカンドで悩まされているウサギの球団かな。。。笑

上本博紀のFA移籍は、果たして吉と出るか凶と出るか?

上本選手がもしFA移籍となればの話なんですけど、そうなれば2年連続で大和・上本選手の流出ということになりますが、この流れは吉なのか凶なのか、どうなんでしょうか??

私自身、個人で事業をやっている経営的立場にいるので、球団側からの感想になってしまうかもしれませんけど、私はこれは◎だと思っています。なぜなら、FA移籍というのは「他球団から獲りたいと思われる選手を育成できた」という証拠であり、また「若手選手の成長が著しい」という証でもあると思っているからです。

ですから、FA移籍の形でベストなのは「出場機会を求めて」というのが最高なわけです。阪神ではレベルが高すぎて出れないので他球団で出場機会を得る、というのは、つまるところですね、

阪神タイガースが強いっていうこと!!

なわけです。

これまで日本代表に選ばれたり、FA移籍をしたりする選手が阪神から出てこなかったんですけど、これは明らかに若手育成が下手だったという証拠ですよね。しかし金本監督が就任されてから、練習量が尋常じゃないくらい増えたために、若手選手の成長スピードが一気に上がりましたよね。つまり、これまで練習不足だったってことです笑。

結論になりますけど、私は上本選手のFA移籍は完全に「吉」だと思います。それはチームが強くなっている証拠だし、上本選手もレギュラーとして出場できる球団に移ったほうが良いに決まっていますしね。

今季の活躍次第ということにはなるでしょうけど、上本選手にはとにかく悔いのない1年間を過ごしてほしいと思っています。できたら残留できるくらいの活躍をしてほしいですけど、とにかく応援しております!!

Sponsored Link

上本博紀カテゴリの最新記事