高山俊が二軍落ちの大ピンチ!中谷・島田にあって高山にないモノとは?

高山俊が二軍落ちの大ピンチ!中谷・島田にあって高山にないモノとは?

いよいよキャンプも終盤に差し掛かり、オープン戦もスタートし始めましたね!打撃絶好調の阪神タイガースですが、このままの調子で開幕を迎えるように維持してほしいものですね。

昨年から引き続き、野手陣を中心に激しいレギュラー争いを演じていますが、今年は少し勢力図が変わりましたね。ファーストは新外国人のロサリオ選手が加入し、鳥谷選手がセカンドにコンバート、サードには大山選手を固定させる方針になりました。

これにより、空きポジションはキャッチャー・ショート・センターの3枠となりました。昨年から比べると、着々とレギュラーが決まり始めた印象がありますよね。選手にとっては、本当に最後のチャンスだという厳しい戦いになっていることだろうと思います。

Sponsored Link

新人王・高山俊が大ピンチ!中谷・島田にあって高山にないモノとは

今回センターに注目したいんですが、糸井・福留両選手が外野のレギュラー確定となっているので、残る枠は1つなわけでして。そこを、俊介・中谷・高山・島田選手で争っているんですけど、プロの世界って、本当に厳しいですよね。。

だって、つい1年ちょい前までは高山選手が新人王を獲得し、レギュラーほぼ確定みたいな感じだったのに、いまや高山選手は二軍落ちの危機ですから。ふと気を抜いたり、不調な時期が続くだけで、次々とライバルがポジションを奪いに来る世界って。本当におつかれさまです。。。

で、現時点でのセンターのレギュラー争いは、中谷選手が一歩リードかなという印象です。俊介選手はスーパーサブ的な役割になると思っているので、レギュラーにはならないかな~という、独断と偏見。なので、実質中谷・高山・島田の3選手での争いでしょうね。

ただですね、かなり心配なのが高山選手でして。このキャンプで金本監督から高山という名前をほとんど聞くことなく、逆に中谷・島田という名前はかなり聞いています。金本監督は正直な方ですから、良い人は良い!と言う人なので、高山選手の評価があまり高くないということなんだろうと推測できます。

あれだけ打撃の天才と騒がれた高山選手が、なぜ??と思うわけですよ。

なんか、すごーく大人しいよなーって。

 

そう、高山選手、大人しすぎなんですよ!!笑

 

中谷・島田選手は、反面元気なんですよね。中谷選手は第1クールMVPに選ばれて成長を評価されていましたし、島田選手は第5クールMVP。二人とも果敢にチャレンジして、必死でアピールしている姿がうかがえます。しかも、中谷選手は長打力、島田選手は走塁という武器を持っているので、評価されやすいという面もあるでしょう。

Sponsored Link

でも、高山選手はどうしたんでしょうね。。個人的には大好きだし、出場すれば必ず活躍するとは思うんですけど、首脳陣に「起用したい!」と思わせるアピールが下手なんじゃないかなと。どの世界でも、実力があれば活躍できるわけではなく、実力を発揮できる場所に導いてもらわないと、チャンスすら与えてもらえないですから。

マイペースというのは高山選手の特徴かもしれませんが、今はレギュラー争いをしている若手の立場ですから。自分を変えてでも、思い切ってプレーしてアピールする勇気が求められているんじゃないでしょうか。それができれば、充分レギュラーを獲れる実力があるわけですから、もっと元気溌剌とプレーしてほしいですね!

高山俊よ、守備力を磨かねばいかんぞ!

元気がない!という指摘をさせていただきましたが、高山選手はやっぱり守備を強化しないと厳しいね。

島田選手はまだ知らないんですけど、中谷選手は長打力だけじゃなくて、守備力もかなりレベルアップしていると思います。昨シーズンも、数々のファインプレーでチームを救ってきましたし、足もそこそこ速いのでセンターのポジションでも安心できます。

高山選手はですね。。。ちょっとセンターは任せられないかな。。。笑

こないだの韓国のチーム?との試合でも、守備のミスでボールを後逸。いくら打撃がうまくても、外野の守備ができなければレギュラーはないですよね。と、桧山さんもこないだ言っていましたね。

しかも高山選手の場合は、守備のミスが打撃にも影響してしまっているので、全体的に目立っていないということなんだと思います。打撃がダメでも、守備でカバーするくらいのレベルになってほしいので、もっともっと守備練習をやってほしいなと。まあ、このキャンプでコーチ陣が地獄のノックをやっていたそうなので、心配はいらないかもですが笑。

話は逸れますが、思えば阪神って守備が上手い人多かったですよね。外野だったら新庄・亀山は特にうまかったし、大和なんてプロ野球界でもトップクラスの守備力です。だから毎年防御率が良いし、投手王国と呼ばれる背景に「守備力」があったんじゃないかと思うんですね。

 

中谷・島田選手にあって高山選手にないモノとは、「アピール力」と「守備力」と言えるでしょう。このままでは一軍にさえ残れない可能性もあるので、残り1か月、死にもの狂いでアピールして、守備の練習を積み重ねて欲しいなと思っています。高山選手がクリーンナップにいると、さらに強力な打線になりますから☆

Sponsored Link

未分類カテゴリの最新記事