新外国人モレノがスゴイ!「進化版マテオ」のような虎戦士が加入!

新外国人モレノがスゴイ!「進化版マテオ」のような虎戦士が加入!

週明けから東京は大雪が降り、一気に寒くなりましたね。会社も夕方に早退となりましたし、今日もメチャクチャ寒いですよね。まあ、早退して友達と鍋パーティーしたんですけど笑。

さて、そうこうしているうちに、1月もあと1週間。ということは、春季キャンプがもうすぐはじまるということですね!ついこないだ春季キャンプだったと思っていたので、時が経つのが早すぎてびっくり。。

今年も新戦力が続々と加入してきており、とても楽しみなキャンプなんですけど、なかでも個人的に注目しているのがモレノ選手。素晴らしい活躍が期待できる良い選手だな~と思ったので、ここでご紹介したいと思います。

ディエゴ・モレノ選手とはいったい、どんな選手なんでしょうか。

Sponsored Link

ディエゴ・モレノってこんな人!

1987年生まれの30歳、ベネズエラ出身。ヤンキースやレイズを経て阪神入り。昨日ちょうど入団会見を開いていましたけど、なんともまあ強そうな有望と話し方!一気にファンになってしまいましたよ☆入団会見、見ましたか??見てなければ、ぜひyoutubeでチェックしてください(^^)

さて、このモレノ選手の球種なんですが、最速153kmのストレートを主体に、チェンジアップ・カーブ・縦スライダーを駆使します。球速や変化球は、助っ人外国人という点では普通かな~と思っていましたが、メジャーでの映像を見て完全に惚れ込んでしまいました。

ということで、youtubeさんから拾ってきたので、どうぞ☆

 

まずですね、この風貌が強そうじゃないですか?笑

体もバキバキに割れてそうですし、ファイティングスピリットも凄そうだし、なんか抑えてくれそうですよね。

投球モーションを見てもらえればわかると思うんですけど、現阪神のマテオ選手にそっくり!マテオ選手はドミニカ出身ですが、足の使い方なんかはほぼ一緒に見えます。ただマテオ選手よりもキレがありそうだし、何と言っても、やっぱり強そう笑。

Sponsored Link

セットアッパーでも抑えでもOKと会見でも言ってましたし、実際に経験もあるそうですので、かなり楽しみではあります。問題は外国人枠で、4人までしか一軍で出場できませんから、メッセ・ドリス・マテオ・呂彦青などがライバルになりますね。外国人も競争が激化しそうです。

阪神の外国人選手がなぜ活躍するようになったのか

そういえば、阪神の90年代の助っ人外国人って、メチャクチャ外れが多かったような印象が強いんですよね。ディアー・ジョンソン・グリーンウェルとか、だいたい成績不振で1年で帰っていくことが多かったわけです。ちなみにヤクルトは(今でもですけど)当たりが多くて、ハウエル・ホージー・ラミレスなどスラッガーが全員大当たりでしたよね!途中でわれらがオマリーを奪っていきましたしね。。

で、阪神タイガースはその対策だったのか、2000年以降は他球団で活躍した外国人選手を獲得しはじめましたよね。アリアス・シーツなど当たる確率が高い選手を獲って、優勝も2回しましたので成功だったと思っています。ただこの成功は、外国人選手の当たりというよりは、星野監督の就任によるチームの雰囲気の変化が大きかったんじゃないでしょうか。

それまでの阪神って、悪く言えばぬるま湯体質と言われていて、厳しさがなかったそう。かつて中日の落合監督も「阪神は全然練習しない。だから弱い」と言っていましたし、外国人も自由にやらせていたそうですから、その甘さが外国人の不発につながっていたと私は見ています。つまり、星野監督が外国人が活躍できる環境を作ってくれたんだと思っています。

そのおかげで、ムーア・マートン・メッセンジャー・マテオ・ドリスのような素晴らしい助っ人外国人が誕生したんじゃないでしょうか。そして、金本監督は星野監督の申し子であり、かなり厳しく、戦うチームに変えていってくれているので、助っ人外国人も活躍を期待できるのではないでしょうか。

そういう意味では、先日亡くなられた星野監督の功績は計り知れないですし、改めて偉大な方だったんだな~としみじみ感じます。阪神タイガースのこのいい環境を守っていくためにも、若手選手や外国人選手がドンドン活躍して、成長できる土壌を固めていってほしいですね。

Sponsored Link

モレノカテゴリの最新記事