Read Article

藤浪晋太郎の真価が問われるダルビッシュとの米合同自主トレ。

今年3勝5敗、まさかの二軍落ちも経験した藤浪晋太郎選手。軽いイップスのような状態になってしまい、大変苦しんだ藤浪選手ですが、現在23歳。プロ6年目と聞くと中堅選手のような感じがしますが、23歳であればまだまだ成長の余地があるんじゃないかと期待したくなりますね。

そんな藤浪選手ですが、今年もダルビッシュ有選手との合同自主トレをやると報道されました。自発的に外の選手と触れ合ったり、学びに行く姿勢は私は素晴らしいと思っていますが、一方で阪神のコーチや監督とは全く異なるアドバイスを受ける可能性もあり、ブレてしまう危険性もありますよね。

果たしてダルビッシュ選手との合同自主トレは正解なんでしょうか。

Sponsored Link

阪神の首脳陣が幹、ダルビッシュが枝葉の精神が正解

私は事業を営んでいる、いわば経営者の立場なんですが、事業家仲間でよくこんな人がいるのです。「あの有名な○○さんの講演会に参加して、これまでのやり方が間違っていたことが分かりました。今日から新しいやり方に変えることを決めました!」

これ、一見正しいように見えますね。

自分の間違いを知り、改善して前に進むというもの。

はっきり言いますが、この人、絶対に失敗します笑。

なぜ失敗するかというと、自分の考えの軸と枝葉を理解していないからなんです。軸とは、考え方の基本的な部分であり、変えてはならない基本精神ですね。枝葉はドンドン改良してよいプロセスの部分であり、これは外部からの情報やアイデアをもとに変えていけばいいのです。

木だってまさにそうですよね。生える場所を自ら変えることは一切なく、ひたすら根を張って大きな幹にしていく。「日差し良さそうだし、水もたっぷりあるから、あの場所へ移動しよう!」なんてことはないわけです。ただ枝葉は、四季に合わせて緑・赤・黄・茶などの色に変化させて、対応していますよね。これは、木の成長のために必要なプロセスなんだと思います。

先ほどの事業家さんは、木で例えるならば、自分が生えている場所を否定して別の良さそうな場所に移動しているわけです。こういう人って、また移動するんですよ、いい場所があれば。結局幹がしっかり根付いていないから、なにをやっても中途半端。大きく大成して成功することは難しいということなんですね。

Sponsored Link

藤浪選手もこの理論を当てはめれば、いま生えている場所は「阪神タイガース」という球団なわけです。監督やコーチからのアドバイスや考え方を吸収して、これまでどおり忠実にやり続けることが大事です。ダルビッシュ選手のアドバイスを軸に変えて、また新しくスタートみたいな考えを持たないようにしなくてはいけません。これをやってしまうと、監督やコーチからのアドバイスが耳に入らなくなり、せっかく太くしてきた幹の成長が止まってしまいますから。

ダルビッシュ選手から学ぶべき枝葉の部分は、私は「食事・栄養・メンタル・目標設定」などが良いのではないでしょうか。日々のコンディション作りの方法を学ぶことで、高いパフォーマンスを維持するアイデアを聞けばよいと考えています。野球以外の分野ではあるんですが、とても大事な枝葉ではないかと思います。

情報を取り入れる力は、頭脳が必要になる

さて、ここまで私の思想を書いてきましたが、これってメチャクチャ大事なことなんですね。アドバイスの聞き方って意外と難しくて、何をどこまで取り入れるべきなのか迷うケースが多く、人によっては上司以外からアドバイスは受けないと決めきっている人もいるくらいですからね。

ただ先ほどもお伝えしたとおり、幹と枝葉の理論を理解して、さらに自分の幹となる部分がどういったものかを分かっておく必要があるのです。それができていれば、幹を太くしながら枝葉も充実させることができるので、素晴らしい木に成長することができるわけですね。藤浪選手の場合は、幹が阪神で枝葉がダルビッシュなわけです。

さて、肝心の藤浪選手がこのことを理解しているかどうかが不安なのです。まだ23歳で人生経験も少ない藤浪選手が、ここまでの思考力を持っているのかは甚だ疑問。ともすれば、ダルビッシュ選手のアドバイスを100%取り入れてしまい、阪神首脳陣の考えと合わなくなってしまうという危険性も大いにあるのです。そうなれば、2018年の藤浪選手の復活は遠い夢となってしまうでしょう。

ですから、今回のダルビッシュ選手との合同自主トレは、藤浪選手の明晰な頭脳が必要になってきます。もしアドバイスを聞き分ける力がないのなら、合同自主トレはやめておいたほうが得策でしょう。自分が培ってきた幹の部分がブレる可能性もあるので、そういったリスクを藤浪選手には知っておいてもらいたいなと感じます。

藤浪選手がこの合同自主トレで枝葉を充実させ、2月からの春季キャンプでさらに幹を太くできるのか。期待半分不安半分、これが正直な感想です。

Sponsored Link
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

人気記事5選

Return Top