Read Article

鳥谷敬が持つ超現実思考がスゴイ。阪神引退後の職業やキャリアとは。

2017年シーズンを終え、早くも2018年シーズンの春季キャンプが近づいてきましたね。昨年は若手や中堅を中心に活躍してくれましたし、糸井選手の加入も大きかったなーという印象でした。

そのなかでも、私が注目していたのは鳥谷選手。2016年に大スランプに陥り、打率.236にまで落ちてしまい激しいバッシングを受けていましたが、2017年は見事復活。打率.293、三塁でゴールデングラブ賞も受賞しましたから、本当にうれしい限りでした。

さて、そんな鳥谷選手ですが、早稲田時代の同級生である青木宣親選手との対談番組が年末年始に放送されていました。「おや?インタビュー嫌いの鳥谷選手が対談?これは見ないと!」と思い、ガッツリと見させていただきましたが、これまで知らなかった鳥谷選手の内面が知れて本当に面白かったです。

Sponsored Link

鳥谷選手の超現実主義を感じた対談

チームメイトやプライベートでは、明るくよくしゃべる人物であることはファンの方ならご存知だと思いますが、マスメディアに対しては、物静かで多くを語らない印象が強いかと思われます。ゆえに、メディアからの情報しかとれない私たちは、鳥谷選手の内面を知れる機会が多くないわけですね。

そんななか、青木選手との対談を見たわけですが、私の率直な感想は「優秀な現実主義者だなー」というものでした。

それを一番感じたのは、メジャー移籍を決断し、そして断念したときのエピソード。青木選手は、挑戦したいという気持ちを優先させるとともに、周りの家族も応援してくれて移籍したとのこと。夢を追いかけ、その気持ちを大事にするチャレンジャーという印象が強く残りました。

一方鳥谷選手がメジャー移籍を断念したのは、契約内容という超現実的な部分だったそう。自分の夢を追いかけるのは自由だけど、家族のことを考えた契約を取れるかどうかが重要で、それが不可能だったためメジャーを断念したとのこと。自分が描いたメジャーという夢は家族がいない時に描いたものであり、いまは現実的に家族もいるので、契約にこだわったうえでの決断だったそうです。

いまの自分と支えてくれる家族にとって、現実的にベストな選択はなにかという現実思考。これは鳥谷選手の軸であり、連続試合出場という偉大な記録にもつながっていると感じました。対談でも話していましたが、鳥谷選手が試合を休まない理由は「ポジションを取られたくないから」という現実的な理由であり、いま直面している問題にフォーカスしているんだなあと思いました。

Sponsored Link

そう考えると、2018年シーズンも鳥谷選手は目の前のレギュラー争い、連続試合出場、リーグ優勝を目指して頑張ってくれるでしょう。契約も最終年ですし、レギュラーも成績も残せなければ引退する覚悟すらあると感じますから、ファンは本気で応援しなければいけないなと強く思いました。

鳥谷選手の描く引退後の職業やキャリアとは

ここからは私の妄想としてご覧くださいね笑。

超現実主義である鳥谷選手ですが、引退後のキャリアはどのように考えているんでしょうか。おそらく本人に聞いたとしても「野球しか考えていないので」と言われそうですが、まだまだ長い人生をどのように歩んでいくつもりなんでしょうか。

もともと私は、鳥谷選手が「事業家」になると予想していたんですが、その説は少し可能性が下がった気がします。私も事業家ではあるのですが、事業家って先々をイメージして作っていくクリエイティブな仕事がメインなので、鳥谷選手とタイプが少し異なるのかなーと感じたんですね。

となれば、現実的に「野球教室」か「海外の子供支援」の仕事なのかなと考えています。鳥谷選手は子供が大好きな性格なので、野球が好きな子供たちに指導することも選択肢としてありそうです。また、鳥谷選手はレッドバードという社団法人を運営しており、世界の子供たちに文房具や靴を提供されています。2017年末には、HEROs AWARD賞を受賞するほどの功績を残していますから、この活動に力を入れていくことも予想されますね。

個人的には、野球教室はないかなーと思っていまして。青木選手との対談で、監督やコーチはやる気はないし野球とは全く関係ない分野でチャレンジしたいと言っていましたので、ちょっと違うかなという感じです。つまり、最有力なのは「海外の子供支援」ではないかということです!

ただ課題としては、「支援」は仕事ではなく慈善事業であることです。つまり収益を生むものではないため、仕事ではなくボランティアという類なのです。今は野球で稼いだお金で支援できていますが、仕事としてこの活動をやっていくためには、お金を稼ぐ、つまりは事業家的な視点が必要になるわけですね。

んーやっぱり鳥谷選手は事業家という道に歩むのかな。。

それとも、お金はたっぷりあるから支援のみでいいよってことになるのか。。

これは一般人では想像がつかないのですが、鋼のメンタルを持っている鳥谷選手ですから、コレと決めたものなら成功を収めることは確実でしょう。あとは、40代以降のキャリアをどう考えているのかですね。

あー鳥谷選手と一緒に事業出来たら最高だろうな☆

また一つ、自分の夢が増えました(^^)

Sponsored Link
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

人気記事5選

Return Top