Read Article

藤浪晋太郎が復活するために。捨てるべきは無用な謙虚さではないか。

2017年シーズンも終わり、いよいよ2018年を迎えようとしていますね。金本阪神2年目は、昨年の4位から躍進して2位でフィニッシュしましたが、個人的には若手・中堅・ベテランの歯車が合っていたし、着実に実力もついてきているので良かったと思っています。

しかし、どうしても心配なのが藤浪晋太郎ですよね。今シーズンは危険球が相次ぎ、二軍降格も経験して3勝5敗だったわけですが、2018年に彼が復活してくれないとダメなんです。彼が復活してこそ優勝に近づくだろうし、阪神タイガースのエースはやっぱり藤浪でいて欲しいという、阪神ファンの願望もありますしね。

Sponsored Link

藤浪晋太郎を邪魔する「無用な謙虚さ」とは

2017年シーズンを観戦していて、ふと思ったことがあったんです。それは大谷と藤浪の違いです。

この話題になると「大谷と藤浪を比較するな!」とご批判されるんですけど、私は大事なことだと思っていまして。身体能力も話題性も変わらない2人なのに、大谷は来シーズンからメジャーへ飛び立つほどのスター選手になったわけですから。この2人の差は検証すべきだろうと思うのです。

さて、私が目をつけたのは2人の「謙虚さ」といわれる部分なんです。とりわけ、性格上の謙虚さは2人とも持っていると思うんですけど、藤浪はプレー中にも無用な謙虚さを持ってしまっている気がするんですよね。プレー中の謙虚さは結果に悪影響を及ぼしますし、ピッチャーならなおさら堂々と図々しくあってほしいもの。

大谷は普段は謙虚な人柄ですが、プレーに入った瞬間から相手を圧倒するオーラを放って、上から見下すくらい強気な姿勢になっている印象がありますよね。このグラウンド上での気持ちが2人の違いであって、藤浪は無用な謙虚さをプレーに持ち込んでいるんじゃないかと思うんです。

Sponsored Link

ただこれは簡単な話ではなく、夢の大きさの違いが影響しているのではと思っています。そもそも大谷はメジャーで活躍することを目標にプロ入りした選手。藤浪はメジャーの夢があったのか知りませんが、大谷ほど大きな目標はなかったはず。そうなると大谷と藤浪に意識の差が生じ、当然打者に対する気持ちも違ってくるでしょうね。大谷としては、国内の選手に負けている場合じゃないですから、常に強気の投球になるのも当然の話。

そういう意味では、藤浪は打者を上から見下すくらい強気の投球ができるよう意識すべきだし、それが2018年復活のカギになるのではないでしょうか。

ビジネスで経験した無用な謙虚さを捨てることの大切さ

無用な謙虚さを捨てるのって、ビジネスシーンでも大事になってくるんですね。かつて、不動産会社で売り上げNo.1になっていた時代、自分と周りの営業マンの差をめちゃくちゃ感じていたんですけど、その中でも一番差を感じたのが無用な謙虚さなんですね。

たとえばお客さんが新しいお部屋を探しに来たとき、お客さんが求めているのは、お得な情報であり、お得な物件の紹介ですよね。なのに、必要以上に謙虚になり、へりくだる営業マンがとても多かったんです。下の立場からお願いして、お部屋の契約でもしてもらおうと思っているんでしょうか??

それよりも、自信満々で良いお部屋の情報を与えた方が、お客さんは喜んでくれますし、契約もバンバンとれるのは明白だと思いませんか?これは結果を出せる営業マンと出せない営業マンの大きな違いであって、無用な謙虚さっていうのは、かえって逆効果だったりするわけです。

ですから、スポーツであれビジネスであれ、結果を出すためには無用な謙虚さを捨てる必要があるのです。藤浪も2018年は、堂々と強気なピッチングをしてくれることを願っています。謙虚なのは、私生活だけでいいですからね☆

Sponsored Link
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

人気記事5選

Return Top