Read Article

鳥谷敬に顔面死球の危険球!鼻骨骨折か?怪我の状況や回復・復帰までの期間は?

5月24日の巨人戦になんとも心配な事件が起こってしまいました。吉川光夫選手が投げたボールが鳥谷選手の顔面を直撃し、危険球で退場となりました。twitterなどの投稿を見るに、蛇口から水が流れるように激しい流血が起こっていて、私や鳥谷ファンの女子から悲鳴が起こっていました。

Sponsored Link

鳥谷敬の顔面死球の詳細や怪我の状況

0-0の投手戦で迎えた6回裏、1アウト3塁の大チャンスで打席に入ったのが鳥谷選手。吉川選手のインハイのボールが抜けて鳥谷選手の顔面を襲い、鼻を直撃してしまいました。実際の映像をtwitterにあげてくれた方がいらっしゃったので、ここで掲載したいと思います。

映像のとおり、その場に倒れこんだ鳥谷選手ですが、別角度の映像では鼻から大量に出血しているようでした。見ていて痛々しかったですし、さすがにその映像は当ブログでの掲載を控えたいと思います。

昨年まで連続フルイニング出場を続けていたレジェンド鳥谷選手であったとしても、さすがにこの死球では強行は不可能。糸原選手と交代したわけですが、その後伊藤隼太選手と梅野選手が倒れてチャンスを生かすことはできませんでした。

この大チャンスを生かせなかった選手には言いたいことは山ほどありますが、何よりも鳥谷選手の状況が本当に心配です。まず脳への影響に関しては、死球後も歩けていたので大丈夫ではないかと思いますが、問題は鼻の骨ですね。140kmを超える硬球がまともに当たったことや、出血量から骨折しているんじゃないかと予想しています。

鼻の骨折からの全治や復帰までの期間

では、鼻を骨折していた場合の全治や復帰までの期間はどれくらいになるのでしょうか。

調べてみたところ、鼻を骨折した場合、手術を受ける場合と自然治癒する場合に分かれるそうです。手術しないケースなら、怪我から1ヶ月から1ヶ月半くらいで骨が安定してくれるので、スタメン復帰は2ヶ月くらいかかるのかなと。そうなれば、オールスター明けからの復帰になりますかね。せっかくファン投票ぶっちぎりで1位なのに。。。

Sponsored Link

ただし、鼻の変形がひどかったり息がしづらいなどの問題が発生した場合は、手術を受ける必要が出てきます。こちらはキレイに治せるものの、完治まで2~3ヶ月かかるそうですから、シーズン終盤まで鳥谷選手を見れないことになってしまいます。これはかなりの痛手になってしまいますよね。。

スタメン出場にこだわってきた鳥谷選手ですから、多少の怪我なら復帰の早い自然治癒を選択しそうですけど、球団としては女性人気の高い鳥谷選手には、ちゃんとビジュアルを保てるように手術して欲しいでしょうね。いずれにしろ、鼻の骨折なら数ヶ月の離脱は免れなくなってしまいそうです。

吉川選手、全力で謝罪をお願いします。

私、かなり激怒ですよ。

鳥谷選手の怪我の続報については、この記事で随時更新していきたいと思っていますが、5月24日の時点で分かっているのはここまでです。骨折していないことを祈るばかりですが、鳥谷選手が怪我で戦線離脱って、入団以来初なんじゃないでしょうか。そう考えると、いかに鳥谷選手が阪神に貢献してきてくれたのかが分かりますね。本当に心から感謝です。

では、また続報をお待ちください!

(2017年5月25日追記)

本日15時に球団から公式発表があり、鳥谷選手はやはり鼻骨骨折だったと診断されたそうです。心配していたことが的中、本当に心が締め付けられるような気持ちでいっぱいになりました。

しかし、鳥谷選手は登録抹消はないとのこと!ということは、今日も試合に出る可能性もあるということですね!!

ちょうど先ほど、鳥谷選手は代打で登場してサードゴロでしたが、鳥谷選手がコールされた時の大歓声は一生忘れることはないでしょうね。怪我の悪化が心配ですけど、阪神の若手選手には鳥谷選手の貪欲さやメンタルをぜひ学んで欲しいです。外見はもちろんのこと、中身まで超イケメンな鳥谷選手はやっぱり最高ですね!

ともあれ、無事であったことと、一日も早く怪我を治してくれることを期待しております。

Sponsored Link
URL :
TRACKBACK URL :

Comments / Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ブログに出血の映像を掲載されなかったことに感謝します。

    昨夜は食事をしながら観戦していましたが
    流石に震えが来て、箸を置きました。

    鳥谷選手自身、やりきれない想いで一杯でしょう。
    ファンとしては元気に復活されるよう、
    静かに見守りたいと思います。

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

人気記事5選

Return Top