Read Article

阪神が狙う台湾の英雄・王柏融を調査。6冠に輝いた「大王」の経歴、成績、魅力。

素晴らしい快進撃を見せている阪神タイガース。5月上旬には6連勝を記録したり、9点差をひっくり返す大逆転劇を繰り広げるなど、昨年から成長した姿が目立っていますね。

私も嬉しい限りなんですが、一つだけ気がかりな点がありまして。それは「長距離砲の不在」でして、強いチームには必ずホームランバッターがいるものですから、阪神も助っ人外国人を獲得すべきだと思うんですね。そう思っていた矢先、阪神のスカウト陣が台湾の英雄・王柏融を獲得調査していたんだそうですよ!

Sponsored Link

王柏融の経歴や台湾リーグでの素晴らしい成績

名前:王柏融(ワン・ボーロン)
生年月日:1993年9月9日(23歳)
身長:181cm
体重:90kg
所属チーム:ラミゴ
ポジション:外野手
利き手:右投げ左打ち

この王柏融選手は現在23歳なんですが、台湾ではすでに規格外の選手として大フィーバーが起こっているんですね。

大学生の時代からすでに注目を浴びていたんですが、U21W杯で優勝したときの台湾メンバーの一員でもありました。2015年ドラフト1位でラミゴに入団したんですが、台湾のドラフトは6月に行われて9月に入団する仕組みになっていますから、王選手の1年目シーズンは29試合のみ。

しかしながら、少ない試合ながらも規格外の才能の片鱗を見せることに。111打数36安打、打率.324、9本塁打という好成績を残したことで、台湾国内で人気が沸騰。彼のことを日本の王貞治選手になぞらえ「大王」と呼ぶようになったんだそうです。

そして2016年の2年目シーズンに大爆発。打率.414、29本塁打、105打点というとんでもない数字を打ち立て、台湾初の200本安打も記録することになります。このシーズンでは、MVP・首位打者・新人王・最多安打・ゴールデングラブ賞・ベストナインの6冠を獲得することになり、早くもメジャーや日本などの海外でのプレーを望む声が上がりました。

そんな彼の存在が日本で広まったのは、2017年2月28日ヤフオクドームで行われた侍ジャパンとの壮行試合での活躍でしょうね。楽天・則本選手の変化球をバックスクリーンに叩き込むなど、2試合で5打数4安打3打点の大活躍をしたことで、日本中が度肝を抜かして驚いたのを覚えています。

WBCには、所属チームのラミゴが選手の派遣を拒否したため不参加となりましたが、今後世界で大きくはばたく可能性のある選手として期待されています。

Sponsored Link

ところでこの王選手は、日本球界へ来る可能性はあるのでしょうか。

王柏融の日本球界参入は2018年が濃厚か

そんな台湾の英雄・王柏融選手ですが、日本球界に来る可能性はあるのでしょうか。

結論から言えば、2018年シーズンに日本球界に来る可能性は大だと思います。

なぜかといえば、台湾リーグのルールと王選手本人の意思からそう読み取れるからですね。

まず台湾リーグのルールなんですけど、海外移籍の条件として国内リーグ累計3年プレーしなくてはいけません。王選手は2017年シーズンが3年目なので、最短でも2018年シーズンからの移籍となるわけです。ちなみに、王選手は2017年シーズンから5年契約を球団と結んでいるんですが、球団との同意があれば移籍交渉はできるようになっているんだそうです。

そして、王選手自身もアメリカか日本球界でのプレーを希望しているとの情報もあるんですね。2017年2月28日の壮行試合後のインタビューでも、彼はこう発言していました。

自分の夢として、将来は日本やアメリカでプレーしたい。

いきなりアメリカへ移籍する可能性もありますが、WBCに出場していないためアピール不足は否めないという印象。ということは、メジャーへの試金石としてまずは日本球界で勝負するんじゃないでしょうか。

最速でも2018年には日本球界参入となるでしょうけど、果たして阪神タイガースに来てくれるかどうか。台湾といえば元トラ戦士である林威助選手がいますから、ぜひ林選手から王選手に口添えしてもらえたら嬉しいです笑。

王柏融の魅力は「天才的なバッティング」

日本よりも力の劣る台湾リーグとはいえ、打率4割は伊達じゃないです。直球も変化球も関係なく打てますし、右へ左へ大きな当たりを打てるオールマイティーなプレーヤーなんですね。

百聞は一見に如かずということで、2016年シーズンの素晴らしい打撃シーンをまとめた動画がありましたのでご覧ください。

左打者に不利と言われる甲子園球場ですが、これだけ左方向へ強い打球を打てるのなら問題はないでしょう。金本監督も現役時代に40本打ちましたし、ぜひ金本さんが監督である間に阪神タイガースに来ていただいて、打撃の真髄を受け継いで欲しいなと思います。

どうやら他球団のスカウトも視察に行っていたそうですから、争奪戦に負けないようにガッツリ獲得に行ってくださいね。間違っても、巨人に獲られないように笑。

Sponsored Link
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

人気記事5選

Return Top