Read Article

新しい目標へのチャレンジに成功するための秘密の理論を伝授♪

今日もタイガースウェブの記事を書いてひと段落、今夜は知り合いの仲間とやっているビジネスのミーティングに参加しようと思っているところ。もっと新しいことにチャレンジしたいと思い、アイデアはないかと思案しているんですが、やっぱり一人より複数で意見を出し合ったほうがいいアイデアが生まれますよね。

さてさて、今日のコラムではですね、新しいチャレンジをしようと思って頑張る時の成功法則についてこそっと教えてみたいな~と思っています。この理論は私自身も経験したものですし、どんな分野でも当てはまるものだと思うので、ぜひチェックしてみてくださいね!

Sponsored Link

チャレンジに成功する理論は「飛行機離陸論」である

何をワケわかんらんこと言ってるんや!?と思われるかもしれませんけど、物事を成功させるときの理論と言うのは、飛行機が空港から離陸するときのような感覚になると言いたいんですね。

飛行機が離陸するときをイメージしてみてください。ゆっくりゆっくり飛行機が空港を旋回し、離陸の時になった瞬間に一気にスピードが上がりますよね。そうすると機体が空気抵抗を受けてしまうのですが、ある一定のスピードを超えると機体が空に浮き、そのまま上昇していきます。そしてあとは、さほど負荷をかけなくても浮上していくだけなので努力はいりませんね。

これは、物事を成功させるときの法則と全く同じなんですね。

例えば、起業して年収1000万円を稼ぐ目標を立てたとしましょう。この目標を飛行機で表すと、大空を羽ばたいている状態と言えますが、今はまだ空港で旋回しているのが現状なわけです。で、いざ会社を辞めて起業するタイミングというのが飛行機のスピードを一気に上げるタイミングですね。

さて、ここで必ず起こる現象があります。

それは、周囲の人間や自分自身から否定的な声が聞こえてくることです。

飛行機で言えば、スピードを上げると空気抵抗が大きくなる部分なんですけど、人も何か新しいことにチャレンジするとき必ず大きな抵抗にあうようになっています。

「何頑張っちゃってんの?やめとけって!ww」という友人の声。
「お母さん反対だわ。そんなこと止めときなさい」という親の声。
「私と起業、どっちをとるの?」という彼女の声。
「(オレ本当にできるのかな?失敗したらどうしよう・・)」という自分の心の声。

こうやって、自分が頑張ろうとエンジンをかけた途端に激しい向かい風が襲ってくるわけです。もちろん自分のためを思って言ってくれる友人や両親もいるでしょうけど、ぶっちゃけ足を引っ張りたいんですよ。変化を嫌ったり、チャレンジに臆病だったり、自分だけ取り残されるのが恐いと思っている人が、こういった心ない言葉を浴びせて批判するわけです。

Sponsored Link

自分自身の声は、変化しようとする自分にブレーキをかける過去の自分です。新しい場所・人・出来事などに触れたら不安になるように脳はできているので、これは必ず起こりますね。つまり、この周囲の人間や自分自身の心の抵抗を受け止め、前だけを向いて全力で走らなくてはいけない仕組みになっているんです。

ちなみに、人が何か目標を掲げたとき、諦めるまでに挑戦する回数の平均値をナポレオン・ヒルというアメリカの哲学博士がまとめています。それはなんと「0.8回」なんですよ。つまり、人は目標を掲げて頑張ろうとした時に起こる空気抵抗を受けると、1度もチャレンジすらせず諦めてしまうということなんですよね。これは結構驚きでしょ?

そしてこの問題をクリアして走り始めた人は、次のステップとして空に浮上しなくてはいけません。起業のパターンで言うと、年収1000万円を達成するために自分のビジネスを立ち上げ、初めて収入を獲得する部分に当たるでしょうか。ここで大事なのが、100%の力を注いで思いっきりスピードを上げることです。

「年収1000万円を達成するために、コツコツ自分のペースでやっていきます♪」

っていうタイプの人。これ絶対になにやっても成功しません笑。

飛行機に置き換えると、いつまでもスピードを上げないために空気抵抗を受けず、空港を旋回し続けている状態ですね。これはコツコツ頑張ってるのかもしれないけど、自分のペースだから空に飛べないんですね。世の中の成功者は、必ずある時期に集中して狂ったように努力しているという共通点があるんですが、この法則をぜひ知っておいたほうがいいですね!

そして、全速力で走って宙に浮いた機体は、そのまま走り続ければ一気に上昇気流に乗って空高く舞うようになります。ここで大事なのは、宙に浮いてからスピードを緩めないことで、起業で言えば少し稼いだくらいで力を抜いてはダメということですね。力を抜くとまた空港に降り立ってしまいますから、上昇気流に乗るまでは必死で頑張り続けることです。

いよいよ上昇気流に乗ることが出来れば、実はここからは力を緩めても目標が達成できるようになるのです。これは不思議なことなんですけど、これまで空気抵抗を受けながらも必死で頑張ってきた効果が、後々に表れてくるわけです。周囲の仲間が助けてくれたり、ビジネスが軌道に乗って勝手に売上げがたっていったりして目標が達成されます。

これはスポーツでもビジネスでも遊びでも全部そうなんですけど、何かを頑張って結果を出すときに共通する法則であることを知っておくと良いと思います。周囲からの批判や不安な心の声は必ず聞こえてくるし、中途半端に頑張っても結果は出ないようになっているので、これを頭に入れておくだけで結果も全然変わってくると思いますよ。

 

と、阪神タイガースとは全く関係のない内容になってしまいましたww

今、巨人対阪神の速報を見ながらこの記事を書いているんですけど、菅野を攻略して4点先制したもんだから、ついつい長文になってしまいました!

何か質問や聞きたいことあれば、阪神のこと以外でもお答えするのでメッセージくださいね!

あと、twitterもやってるので、そちらもメッセージ受け付けてますよ☆

Sponsored Link
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

人気記事5選

Return Top