鳥谷敬はなぜ後輩選手の心を魅了するのか。2つのリーダーシップに迫ってみる。

鳥谷敬はなぜ後輩選手の心を魅了するのか。2つのリーダーシップに迫ってみる。

世代交代というのは、スポーツの世界のみならず、ビジネスの世界でも起こることですよね。2017年シーズンの阪神タイガースで、まさに世代交代の最中にあるのが、ショート争いをしている北條選手と鳥谷選手。北條選手は、昨年一気にブレイクした期待の若手選手であり、鳥谷選手は実績充分のベテラン選手ですが、今年の二人の戦いは、ファンにとっては貴重だし見ごたえがありますよね。

さて、私はかなり昔から鳥谷選手の大ファンでして、華麗な守備とセンス溢れるオシャレなバッティングに魅了されてきたファンの一人です。その分、昨シーズンのスランプはショックでしたし、今年はぜひ完全復活してほしいと心から願っている次第です。

ところで鳥谷選手って、私たち男性よりもむしろ、女性ファンがメチャクチャ多いことで有名ですよね。阪神でダントツNo.1の人気ですし、彼のおかげで女性の阪神ファンがたくさん増えているのは間違いないでしょう。私の友人の女性も、鳥谷選手が好きで阪神ファンになった人間がたくさんいますし、球団側からすれば頭が上がらないでしょうね。

そして、この鳥谷選手がスゴイところは、ファンだけではなく、後輩選手からも絶大な信頼を得ているという点なんですね。ルックスやプレースタイルがよければ、ファンを集めることはできると思うのですが、後輩選手から慕われるのって、人間力が優れていないと難しいと私は思っています。そこで今回は、鳥谷選手の後輩選手を惹きつけるリーダーシップに迫ってみたいと思います。

Sponsored Link

阪神の後輩選手のアンケートをチェック

阪神タイガースの選手に、さまざまなアンケートを取ったことがあるのですが、まずはその画像をチェックしてもらいましょう。

<横田慎太郎選手>

<北條史也選手>

<江越大賀選手>

若手選手のアンケートを中心に載せてみました。同じショートの北條選手もさることながら、外野手の横田選手、江越選手までもが、共通して鳥谷選手を「結婚したい相手」として選んでいます。後輩から、いかに羨望のまなざしで見られているかがわかりますよね。

この2017年春季キャンプでも、一軍初参加の植田選手に対して、鳥谷選手は気さくに話しかけて緊張をほぐしてあげていますし、本当に後輩思いの最高の先輩っていう感じがしますよね。ちなみに、今年キャプテンになった福留選手も、ドラフト1位ルーキーの大山選手を食事に誘って、「結果が出なくても当てに行くな。思い切りスイングしろ。」などのアドバイスを送ったりと、阪神のベテラン選手ってホントにカッコいい!!!!

そういえば、2016年8月の中日戦で藤浪選手が1回7失点した試合があったと思うんですが、ベースカバーを怠った藤浪選手に対して福留選手がベンチで叱責。その後、一人で悔し泣きしていた藤浪選手に、そっと寄り添って冷静にアドバイスしていたのが鳥谷選手でしたよね。あの優しさというか、愛情を注いであげられる先輩って、本当に阪神にとってなくてはならない存在だと思うんですよね。そりゃ、後輩から慕われるよね!って思います。

Sponsored Link

鳥谷敬が持つ2つのリーダーシップとは

後輩から慕われる鳥谷選手ですが、その理由とは一体なんなのでしょうか。手前味噌で申し訳ないのですが、私も実は後輩から好かれるタイプの人間でして、それは父親譲りの性格や才能だと自負しているんです。だから、なぜ鳥谷選手がここまで後輩から好かれるのかが、分かる気がするんですよね。

そこで今回は、鳥谷選手が持つ後輩から好かれるリーダーシップを分析してみたいと思います。

1.後輩思いの親分肌の性格

「先輩と一緒にいる方が好きか、後輩といる方が好きかどっち?」

この質問に対して、私は即答で「後輩!」と答えます。鳥谷選手がよく食事にいくメンバーって、新井良太選手、上本選手といった後輩選手が多いですから、彼もおそらく後輩と行動をともにする方が好きなんでしょう。食事代をおごったり、緊張をほぐしたりなど、後輩が気持ちよくプレーできるようにサポートするのが得意なタイプです。

これは、チームリーダーに必須な能力であり、生まれ持った才能であると私は思っています。人によっては、先輩についていくのが得意なタイプもいますが、彼らはリーダータイプではなく、リーダーに引っ張ってもらうことで能力を発揮するタイプが多いと言えます。ちなみに、福留選手もリーダータイプですよね。

若手主体になりつつある2017年の阪神タイガースですが、こんな時こそ、鳥谷選手のように後輩を引っ張る親分が絶対に必要。これは金本監督も同じことを言っていますし、優勝のためには、必ずチームを支える大黒柱が必要になってくるんですよね。特にペナントレース後半の緊張する一戦は、精神的支柱が勝敗を分けるほど重要ですから。

2.野球に取り組む素晴らしい姿勢

鳥谷選手といえば、誰よりも早く早朝に球場入りして、筋トレとストレッチをこなす。そして、すでに体が出来上がった状態で、試合前の練習に入るという、超ストイックに野球に取り組んでいる鏡のような存在。鳥谷選手も、鉄人と言われた金本監督を見習ってやっているそうですし、阪神に流れるイズムは金本監督が作ったといっても過言ではないですよね。

この図をご存知でしょうか。ボスとリーダーの違いを表したものなんですが、良いチームや組織を作るのは、下のLEADERであると言われています。後輩たちに良い指示を出すのではなく、背中を見せて先頭を走る人間こそが、後輩の信頼やモチベーションを上げて強いチームを作るのです。

鳥谷選手は、まさしく背中で語るタイプですよね。マスコミやヒーローインタビューでは多くを語らないですが、野球に対して真剣に取り組む姿勢というのは、語らずとも後輩に伝わっているわけです。だから、後輩選手はみんな鳥谷選手を慕い、憧れを抱くという構図になっているんですね。

まとめ

鳥谷敬という選手は、阪神タイガースに欠かせないチームの大黒柱となりました。2016年シーズンは不本意なシーズンでしたが、2017年は絶対に巻き返してくれると信じています。同世代の糸井選手も加入して、大きな刺激を受けているはずですから、負けず嫌いの性格を発揮して、素晴らしいパフォーマンスを見せて欲しいですね。

Sponsored Link

鳥谷敬カテゴリの最新記事