Read Article

2017年阪神優勝のライバルは広島ではなく「巨人の伝統」である理由とは。

まだまだ5月上旬ではありますが、阪神タイガースが首位に浮上しましたね。これまで素晴らしい逆転劇を繰り広げ、(失策数はダントツで多いけれども・・)実力がグングンつき始めていることが手に取るように分かります。これで今カードも広島カープに勝ち越しが確定しましたね!

昨年圧倒的な強さで優勝した広島カープ、今シーズンも高い打力で勝ち続けてきたわけですが、ここに来て息切れしてきたような気がします。断然阪神の方が勢いがありますので、これはリーグ優勝してまうで!・・っと言いたいところですが。

Sponsored Link

2017年阪神の影に潜むダークホース巨人の伝統の恐ろしさ

私はひそかに、首位浮上というニュースにワクワクしています。というのも、阪神の優勝パターンは基本的に「先行逃げ切り」なので、今の時点で首位に立ってることは朗報だと思っています。

さて、強敵・広島カープに対して良い戦いを続けている阪神ですが、今の盛り上がりに私は違和感を感じているんですよね。広島カープが絶対的な優勝候補とされていますが、阪神が首位に浮上した影で巨人もコツコツ貯金4を積み重ねていることを忘れているんじゃないかと。というよりも、主力級の選手を温存しながら勝っている巨人の不気味さを感じてほしいんですよね。

巨人というチームがなぜ恐ろしいかと言えば、もちろん選手層の厚さもそうなんですが、私は「巨人の伝統」に恐ろしさがあると思っているんですよね。それに気づいたのは、先日テレビで放映されていた坂本勇人選手の密着取材で、坂本選手が発したある言葉にだったんです。

百聞は一見にしかず、ということで動画をまずはご覧ください。

私が注目して欲しいのは、4:40くらいの坂本選手の発言なんです。

「僕がいくら打っても3割打とうが30本打とうが、それより打つ人たちが周りにいたので、自分が一番だっていうふうになることがない球団なので。それは逆に良かったのかもしれないですね。若い時からそういう環境にいたので」

ドキッとする発言だったんですよね、このシーン。巨人というチームが常に優勝争いを続けられるのは、お金を使って他球団から優秀な選手を集めてくるからだと思っていました(一理あるとは思いますが)。

そうではなく、いくら活躍しても自分は凄いんだと思えない厳しい環境だからこそ、選手個人がドンドン高みへ登っていけるシステムになっているからだと思ったんです。川上・張本・王・長嶋・原・松井などなど、日本球界を代表する名選手を生み出した巨人ですから、坂本選手が首位打者を獲得しようが過大評価されることはなく、当然本人も過信することがないわけです。

一方の阪神で言えば、生え抜きのスラッガーは掛布二軍監督以来出てきていない状況。1990年代には暗黒期を経験したりなど、勝者としての伝統は受け継がれていません。ですから、勝負どころとなる9月の戦いは毎年弱いですし、順位もBクラスに沈むこともたびたびあります。これは阪神だけではなく、巨人以外の球団も共通して言えることだと思うんですよね。

Sponsored Link

この伝統の違いが、優勝争いのときに結果として表れてしまいがちなんです。巨人は毎年優勝争いに関わってくる強さを持っていて、他球団は戦力や監督の変化によって順位も大きく変動してしまう。だからこそ、今年も巨人は優勝を狙ううえで強敵になるわけです。

阪神が優勝するために必要なことは何か??

阪神が順調に勝ち進んでいけば、必ずどこかのチームと優勝争いをしなくてはいけないわけですけど、優勝するために必要なポイントはどこなんでしょうか。

詳しくは私が以前に組んだ特集の記事を見ていただきたいんですけど、阪神タイガースが優勝した1985・2003・2005年で共通している3つの条件があるんですよね。

①開幕ダッシュ&4月終了時点で2位以上
②甲子園での圧倒的成績
③30本以上の本塁打を打つ打者

この3つをクリアすれば、過去のデータからグッと優勝に近づくと思われますが、まず①に関してはクリア済み。広島に次ぐ2位で4月を終えましたから、優勝の条件どおりに推移していますね。

②も順調で、5月6日時点で8勝4敗の貯金4を獲得しています。このまま順調にホームの声援を味方につけて頑張って欲しいですね。しかしながら問題なのは③で、ホームランを量産できる選手が今のところ不在なんですよね。クリーンナップも調子は良いものの、ホームランで加点できる選手っていうのが少ないので、今後の戦いにどう影響してくるのかが心配ですね。

というわけで、優勝のための条件として「ホームランバッターが不在」というポイントを解消できたらベストなんですよね。ただ打線がよく繋がっているので、わざわざ新外国人を獲得する必要はないとは思いますが、一発を打てる選手が出てくればいよいよ優勝が見えてくるんじゃないでしょうか。

2017年阪神優勝の3つの条件とは。1985・2003・2005年のチームデータを解析。

まとめ

阪神タイガースが9点差の大逆転勝利をしたことを受け、余韻に浸りながらもライバル巨人の恐ろしさについてお伝えしました。巨人という伝統あるチームは、後半戦で必ず強敵になってくるチームだと思うので、広島ばかりに目を向けず警戒して欲しいですね。

それにしても、阪神の優勝が見たいんや!!

Sponsored Link
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

人気記事5選

Return Top