藤浪晋太郎が持つ大エースに必要なたった1つの才能とは??

藤浪晋太郎が持つ大エースに必要なたった1つの才能とは??

京セラドームで藤浪選手が畠山選手に与えた危険球の問題があってから、阪神ファンの中で藤浪選手を心配する声をよく聞くようになりましたよね。大量の四死球を与え苦しむ藤浪選手を見ると、私も昨年の不本意だったシーズンを思い出して不安になってしまいます。

とは言いながらも、冷静に考えれば藤浪選手もまだ23歳。成長途上の選手ですし、彼がこれからどう育っていくかの方が大事だと思っているのですが、私個人的には藤浪選手はこれから日本球界を背負う大エースになれると思っているんです。そして、その才能が彼には備わっていると確信しています。

Sponsored Link

藤浪晋太郎が持つ大エースに必要な才能とは

私はもちろん日本の大エースを育ててきた人間ではないんですが笑。一流になっていく人の考え方や性格、脳の状態などを勉強してきた身として、藤浪選手がいかに優れた選手であるかが分かるんですよ。おそらく彼は、日本球界屈指の大エースになると思われます!

それはなぜかといえば、藤浪選手は精神的自立できているからです。

例えばメジャーリーガーのイチロー選手も、若かりし頃から自分の考えや理論をすでに持っていました。オリックスで二軍生活を送っていたとき、チームメイトは全体練習後に居残り練習をしていたそうなんですが、イチロー選手は自分の部屋に帰って休息。そして深夜にひょこっと起きて室内練習場で一人で毎日バッティング練習をしていたのは有名な話。

さらに、一軍に昇格したイチロー選手はトレーニングを控え練習量も減らしたそうですが、普通の若手選手ならしっかり練習してレベルアップを図るはずです。しかしイチロー選手は、それは長いシーズンを戦う上で疲労を蓄積しない方が結果を残せると判断し、疲れた状態で試合に臨まないように意識していたんだそうです。その他にも、イチロー選手ならではの考えや理論はあるのですが、超一流選手になって長く現役を続けるためには、こういった自分で考えて行動に移す必要があるんですね。

藤浪選手で言えば、彼は非常にクレバーで自分で考えて行動できる珍しい性格の持ち主です。今は投球フォームや肉体改造など積極的にチャレンジしているものの、上手くはまっていない感じがしますが、自分で考えて試行錯誤しているため少し時間がかかってしまっているだけです。

これで、いいんです。

Sponsored Link

短気な阪神ファンの方は「今のまま思い切って投げればいい!」とおっしゃいますが、そうすると今は上手くいったとしても将来的な成長が少ないということを知っておいて欲しいですね。ダルビッシュ選手や上原浩治選手など、メジャーの第一線で活躍している選手はみんな自分でフォームを修正したり栄養管理もやっているんそうですが、共通して失敗を重ねたことで今の理論を手に入れているわけです。

藤浪選手もメジャーリーガー同様、自分で考えて行動できるタイプですから、今はドンドン失敗して遠回りをしてもいいんじゃないでしょうか。少しずつレベルアップしていけば、4年後のWBCで日本球界を代表するピッチャーになれると思いますし、失敗を乗り越えた人間だけがエースに君臨できるんじゃないかと思うんですよね。

藤浪晋太郎よ、ダルビッシュの一番弟子になるべし

スポーツもビジネスもそうですが、自分で考えてレベルアップできる人こそ一流になれると思っています。しかしそれだけではダメで、自分では解決できないことは他の人からアドバイスをもらう、という行為も非常に大事になってきます。

またまたイチロー選手の話になりますが、イチロー選手は自分で考えても考えても改善できなくて行き詰ったとき、奥様の弓子さんの何気ない一言で解決できたことがあるそうです。

イチロー選手が奥様に、

「最近のオレのプレーを見て何か気づいたことない?」と聞いたところ、

「立ってる位置、ホームベースに近くない?」と答えが返ってきたそうです。

奥様は野球のことが全く分からないので、根拠もなにもなく気づいたことを言っただけなんだそうですが、イチロー選手はホームベースと自分の立ち位置を広くしたとたん調子が一気に上がったそうです。イチロー選手ほどのレベルになれば技術的なアドバイスを出来る人がいないですから、こういった素人の率直な意見にヒントがあったりするのかもしれませんね。

しかし藤浪選手はまだまだ改善の余地アリの選手ですから、超一流の選手からアドバイスを受けるのが一番良いんじゃないかと思うわけです。個人的には、藤浪選手と同じく高身長で手足が長いダルビッシュ選手が最適かと思います。ダルビッシュ選手も若い頃に伸び悩んだ時期があって、そこから栄養学や心理学などを自ら学んで大投手になった人物ですから、藤浪選手にとって良いメンターになると思うんですよね。

前回のオフシーズンに合同自主トレに参加して、ダルビッシュ選手からいろんなアドバイスを受けたそうですが、これを毎年継続して一番弟子になるくらいドンドンお近づきになってほしいなと思います。そうすれば、藤浪選手自身にはない考え方を持てるようになって、将来の大エースになれるんじゃないかと私は思っています。

Sponsored Link

藤浪晋太郎カテゴリの最新記事