梅野vs坂本の正捕手争いが5月に勃発か。パワー派と頭脳派どちらが勝利するか?

梅野vs坂本の正捕手争いが5月に勃発か。パワー派と頭脳派どちらが勝利するか?

梅野隆太郎選手が2017年阪神タイガースのスタメンマスクを被り続けていますね。昨年は岡﨑選手や坂本選手や原口選手を併用していましたが、一発逆転、梅野選手がレギュラーを獲得しつつあるわけです。

原口選手はファーストへコンバートされ岡﨑選手は一軍の控え捕手としてベンチ要員となっているので、いよいよ正捕手が梅野選手に決まりつつあるのかな~と思っていますが、一方で坂本選手が骨折から復帰してきています。私は一番捕手向きなのは坂本選手だと思っているのですが、いよいよ一軍の正捕手争いが始まるなと感じています。

Sponsored Link

梅野と坂本の正捕手争いが5月からいよいよ始まる

スタメンマスクを被り続ける梅野選手ですが、正捕手を獲得したのかと言えばそうではないと私は思っています。

梅野選手の持ち味は強肩であり、盗塁阻止率はセ・リーグNo.1に君臨していることは最大の評価に値するでしょう。ただし配球面での発想や機転はまだまだだし、守備で手一杯なためにバッティングも1割台に低迷していることから、成長の余地はあるんじゃないかと思っているわけです。

そんな梅野選手に待ったをかけるのが坂本誠志郎選手だと私は思っています。昨年引退した鶴岡選手や解説者の田尾さんも言っていましたが、坂本選手は捕手としての才能と頭脳が素晴らしいそうなんです。特に頭の良さはインタビューでの発言を聞けば明らかですし、相手の考えの裏をかくようなイヤらしい配球もできそうなイメージも持ちましたね。

坂本選手の捕手としての才能やセンスに関しては、別の特集記事でまとめていますので、コチラをご覧くださいませ。

坂本誠志郎に備わる名捕手の才覚。高い統率力とリーダーシップで若き正妻誕生へ。

梅野選手にいま求められている部分というのは、打撃面での成長ではないでしょうか。守備で余裕が生まれてくれば、得意のバッティングも息を吹き返すかもしれませんが、坂本選手にとっては梅野選手が打ち始めるまでに一軍で勝負をかけなくてはいけません。逆を言えば、梅野選手はバッティングさえ成長すれば正捕手をほぼ手中に収めることができる位置まで来ているということです。

坂本誠志郎のケガの回復状況や復帰時期

気になる坂本選手のケガの回復状況ですが、すでに二軍の練習に合流しているという情報を掴んでいます。フリー打撃を再開し、80スイング中4本の柵越えだったとのことですから、力強いスイングができるほど手首の状況は回復しているんだと予想できます。

Sponsored Link

坂本選手といえどまだ実績のない2年目の捕手ですから、まずは二軍できちんと成績を残して一軍へ推薦してもらう必要があります。小豆畑選手や長坂選手とて、一軍を虎視眈々と狙って必死で練習していますからね。そこでまずは梅野選手への挑戦権を獲得してほしいなと思います。

復帰時期はおそらく5月に入ってからでしょう。早ければゴールデンウィーク中にも一軍復帰できるかもしれませんが、岡﨑選手もベンチに控えているので簡単には昇格できないでしょう。ただし、坂本選手の才能やセンスは実践経験を積めばこそ開花するものだと思っているので、ぜひ一軍で梅野選手と併用して使ってみて欲しいなというのが私の思いです。

無料メルマガ「タイガースウェブ通信」配信中!

毎週木曜日に阪神タイガースファン向けのメルマガを配信しております☆関東を中心とした阪神ファンコミュニティーを作る目的で、阪神ファンオフ会や合同観戦などを企画・配信しておりますので、ご興味ある方はご参加いただき一緒に阪神タイガースを盛り上げていきましょう!

メルマガ購読・解除
読者購読規約

 

30歳以下限定の阪神ファンコミュニティー運営中!

30歳以下の若虎メンバーはLINE@にてイベント情報を配信しております。併せてご登録ください☆

友だち追加

Sponsored Link

坂本誠志郎カテゴリの最新記事