2016年阪神ドラフト1位大山悠輔の軌跡。走攻守揃ったダイヤの原石は輝く未来へ。

2016年阪神ドラフト1位大山悠輔の軌跡。走攻守揃ったダイヤの原石は輝く未来へ。

桜美林大学の佐々木千隼選手をドラフト1位指名する。これが、2016年ドラフト直前に報道された阪神タイガースの戦略だったものの、指名されたのはノーマークだった大山悠輔選手。まさかのサプライズ指名だったことは言うまでもないが、一番驚いているのが、大山悠輔選手本人だったはず。

「大山って誰だ?」という戸惑う阪神ファンが大勢いるなか、春季キャンプで一軍帯同が決定。お手並み拝見といった感じで、マスコミが毎日大山選手の動きを報じているが、そもそもどういった足跡を残してきた選手なんだろうか。

Sponsored Link

大山悠輔の生い立ちから高校野球までの足跡

名前:大山悠輔
身長:181cm
体重:84kg
利き手:右投げ右打ち
出身大学:白鴎大学

茨城県下妻市という田舎町で生まれ、祖父母・両親・弟・妹2人という大所帯で育った大山選手。インタビューでのしっかりした受け答えは、長男と知って納得。小学校1年生の頃から軟式野球を始め、中学時代もそのまま軟式野球部で活躍。

ここで少し脱線するが、プロ野球選手として活躍する選手は、中学時代にシニアやボーイズでプレーしている確率が高い。硬式をいち早く経験できることや、将来を見据えた育成システムがしっかりしていること、ハイレベルな選手が多いことから、さらに強豪校からの推薦を受けやすいというメリットがあるからだ。強豪校の主軸として甲子園で活躍すれば、プロへの道が見えてくることを考えると、まずは甲子園に出場できる強豪校へ進学することが結構大事。

そんななか、地元の軟式野球部を選んだ大山選手。もしかすると、この時点では甲子園やプロに対する強い憧れや夢を持っていなかったのかもしれないが、高校へ進学すると才能の片鱗を見せ始めることに。つくば秀英高校では、強肩から投手に抜擢され、140kmのストレートを持った本格派右腕に成長。さらに、通算30本の本塁打を放つほどのスラッガーへ進化し、エース兼主砲という注目選手になった。

プロ野球ファンの私は、しかしながら大山悠輔という選手を当時知らなかった。ということは、プロ注目選手ではなかったということであり、地方の有名選手レベルだったといわざるを得ない。とはいえ、高校で大きく実力を伸ばしたことは間違いなく、将来を期待できる選手であったのは確かだろう。

そして彼は、阪神タイガースに引き寄せられるように白鴎大学へ進学することになる。

元阪神・藤倉多祐総監督が率いる白鴎大学で大躍進

74試合 .337 15本塁打 75打点
遠投 110m
50m 6.2秒

この数字は、大山選手の大学時代の成績である。通算打率もさることながら、本塁打数、肩の強さ、足の速さすべてがハイレベルに仕上がっているのが分かる。高校から大学にかけて、着実に地力をつけている印象から、プロ野球でも真面目に練習して、年々成績を向上させる可能性を見るのは私だけだろうか。

数字には表れていないが、守備に関してもかなりレベルが高く、サードからファーストへの送球でミスをしたことがほとんどないそう。先日行われた阪神の紅白戦でも、サードからのランニングスローで度肝を抜かれた。球の伸びやコントロールは抜群、プロでもなかなか見れないほどの好送球を見せ、私の心は躍りっぱなしだった。。

Sponsored Link

さて、そんな大山選手を白鴎大学で指導していたのが、藤倉多祐総監督だ。知らない阪神ファンも多いかもしれないが、というより私も知らなかったんだが、藤倉監督は元阪神タイガースの選手なのだ。しかも、大山選手と同じ背番号3番をつけていたのだから、阪神タイガースに入団すべく、大山選手は白鴎大学へ進学して藤倉総監督に出逢ったのかも??

高校時代まで甲子園などの全国経験が全くなかった大山選手だが、4年春の関甲新学生リーグでは、打率.417・8本塁打で二冠達成。そして大学日本代表の4番打者へ抜擢されるほどに急成長。5球団が競合した田中正義選手からも、2015年秋にホームランを放ったこともあり、一気にプロからの注目を浴びるようになった。しかし、2016年は投手豊作だったこともあり、1位指名の候補者リストに挙がることはなかった。

青天の霹靂。阪神タイガースがドラフト1位指名したわけだが、ドラフト当日に金本監督と球団幹部が話し合って、佐々木千隼から大山悠輔に指名を切り替えたのだ。生え抜きの右の大砲不足という、明確な問題点を解消するための戦略だったわけだが、マスコミからの情報しか知らない我々阪神ファンとしては、これまた青天の霹靂。当初は批判的だった阪神ファンも、いまは歓迎ムードで、大山選手を全力で応援しているわけだ。

大山悠輔の特徴や魅力やバッティングスタイル

大山選手といえば、柔らかくてクセのないバッティングが魅力。金本監督が山田哲人や今岡誠と表現するように、きれいなフォームで、右にも中長距離飛ばせるバッティング技術を持ち合わせている。将来的には、右の大砲として阪神タイガースを背負って欲しいが、今岡選手レベルになってくれれば、ファンとしては御の字だろう。

さらに、守備力の高さにも定評がある。先ほども述べたとおり、肩の強さと送球時のコントロールは相当レベルが高い。投げ方にもクセがないため、攻守ともにまだまだ伸びしろがありそうな印象だ。個人的には、二軍の掛布監督指導の下、この1年間はじっくり基礎固めをしてほしいと考えており、真昼間から泥だらけになって、打撃も守備も精度を上げてもらえたらいいのではないか。

性格面は、少し大人しい気がする。もっと声を出してアピールしたり、首脳陣やチームメイトに話しかけて、チームの輪に入っていって欲しいかな。少し物足りない印象は拭えないが、一年先輩の高山選手を見習うと良いかもしれない。

阪神ドラ1大山悠輔に不安要素アリ。高山にあって大山にないものとは??

実力の世界である以上、周りの人間に好かれ、気をかけてもらえる存在になることも実力のうち。特に新人選手は、チームメイトの輪の中に入って、バンバンアピールすることが大事ではないだろうか。これは、一般社会でも全く同じだけど。。

まとめ

2016年ドラフト1位大山悠輔選手を特集してみたが、いかがだっただろうか。ノーマークのドラフト1位ということもあり、周囲からのプレッシャーの大きさは尋常じゃないだろう。ただ、素材の良さは一級品だし、何より性格も良いので、ぜひコツコツ実力をつけて、将来の阪神タイガースを背負ってほしいと、心から願う選手である。

Sponsored Link

2016年入団ルーキー編カテゴリの最新記事