Read Article

上本&大和併用プランがベスト布陣?阪神セカンドを効果的に活用する方法とは。

中日ドラゴンズに逆転負けを喫してしまった阪神タイガース、広島との開幕カード以来の負け越しとなってしまいましたね。最下位のチーム相手であり、全部勝てる試合だっただけにとても悔しい敗戦でしたよね。

貯金2という部分だけ見れば上々のスタートですが、打線も下降気味だし首脳陣の采配にも?マークがついてしまいますし、阪神ファンの心は穏やかではないと思います。盗塁数が増えていることや失策が少し減ったのはプラス材料ですが、相手を圧倒して勝ったという試合が1つもないのは少し寂しいですね。。

Sponsored Link

セカンドは上本と大和をどのように起用するのがベストか

4月20日の試合では7回裏に逆転されて敗戦となったんですが、香田コーチの投手起用に関して物議を醸しています。青柳選手の投手交代のタイミング、右の桑原選手の起用、高橋選手の起用タイミング、マテオの登板過多など、ちょっと納得できない采配が目立ってしまいましたよね。勝負の世界、一つ一つ丁寧に判断していかないと足元すくわれてしまいますからね。

金本阪神の采配ミスに思わず喝。香田コーチに求められる投手起用法の改善。

さて、私が注目したいのは別の問題で、セカンドのレギュラーについてなんです。

「えっ?上本じゃないの??」

と思われる人も多いと思いますが、私は序盤を上本選手にして終盤を大和選手にする併用プランをオススメしたいです。

4月20日7回裏の同点2死満塁のシーン、京田選手が放った一二塁間のゴロを上本選手が取れずに逆転したところなんですが、普通のセカンドゴロです。先日もキャッチャー梅野選手からのセカンドへの好送球を落球しましたし、あまりにもイージーミスが多すぎるので、締まった試合が一気に崩れてしまう原因となっているケースが増えてきているんですね。

Sponsored Link

一方で打撃は好調ですしチャンスに強いバッティングもできるので、問題は守備だけなんですが、明らかに技術的な問題ではなく精神的な問題のため直しようがない気がするんです。気持ちが弱ければ勝負どころで使えないので、なかなか積極的に起用できないのが首脳陣の本音ではないでしょうか。

大和選手は言わずと知れた守備のスペシャリスト、クライマックスシリーズなど数々の大事な場面でチームを救ってきましたよね。守備に不安のある阪神スタメンメンバーですから、大和選手の存在価値はかなり高いのではないかと思っているのです。センターラインのセカンドがしっかりするだけでも、失点はかなり防げるでしょう。

問題は大和選手の打撃力と体力なんですよね。スイッチヒッターに転向したばかりですし、まだまだ打率は残せないとは思いますし、あとは毎日試合に出る体力がないというのが彼の積年の課題なんです。使えば使うほどバテてしまう傾向があるので、その弱点を克服しない限りはレギュラーは難しいかと。

したがって、二人の良い部分を生かすためにもガンガン攻められる序盤を上本選手スタメンで使い、守備のミスが許されない終盤を大和選手で固めるというプランがベストなのではと私は考えています。中堅選手である二人が活躍すればチーム全体も勢いに乗れると思いますし、4月20日のような悔しい敗戦は減らせるのではないでしょうか。

高山と中谷の外野手争いも勃発中!

セカンドの起用法に言及しましたが、昨日はなんと新人王を獲得した高山選手がスタメンから外れました。代わりにオープン戦から好調を維持している中谷選手が出場し、2安打を放つ活躍を見せましたね。高山選手も代打でタイムリーツーベースを放ち存在感をアピールしましたが、福留・糸井を脅かすほど熾烈な争いを繰り広げてほしいですね。

福留選手といえば、ここのところ不調が続いていて昨日もチャンスで凡退するシーンが目立つなど心配な状態になっています。糸井選手はまだましですが、もしかすると中谷選手のスタメン出場が増えてくるかもしれませんね。こうやって若手選手がポジションを奪うのは嬉しいことですし、これまでの阪神にはなかったのでもっと刺激を与えて活性化して欲しいなと。

本日の巨人戦はマイコラス選手が先発ですから、高山選手のスタメン出場の可能性が高そうですね。ぜひアピールしてほしいですし、中谷選手も引き続きガツガツポジション奪いにきてほしいです。そして、そろそろ福留大先輩の大爆発が見たいです!安西先生、バスケがしたいです!!

Sponsored Link
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

人気記事5選

Return Top