金本阪神の采配ミスに思わず喝。香田コーチに求められる投手起用法の改善。

金本阪神の采配ミスに思わず喝。香田コーチに求められる投手起用法の改善。

4月20日の中日戦で2-5で敗れ、まさかの負け越しとなってしまいました。先発の青柳選手が好投していた試合でしたが、打線がチャンスで打てなくて敗けてしまいました。勝てる試合だっただけに、惜しい負けだったな~と思っています。

それにしても、今回の試合では投手陣の起用方法にかなり不満を感じた阪神ファンも多かったようです。これまで2017年シーズンの金本監督の采配はかなり冴え渡っていたのですが、今後の長いペナントレースが不安になるような一日となってしまいました。

Sponsored Link

金本阪神の采配に感じる疑問の数々

前日の4月19日、サヨナラ負けを喫した試合ですでに不思議な采配をしていました。3-2で迎えた8回裏の中日の攻撃、2アウト2塁で打撃絶好調の大島選手をバッターに迎えました。右投手のマテオ選手、相手は左打者、次の平田選手はあまり打っていないにもかかわらず勝負して同点タイムリーを打たれました。

そして4月20日、7回裏の中日の攻撃では、同点の場面で8番打者の今季初出場である松井雅人選手をなんと敬遠。さらに左打者の代打・井領選手のところで、右投手の桑原選手を投入。次の打者の京田選手も左打者なのに桑原選手を続投、結局逆転タイムリーを打たれる始末でした。

さらに、8回裏は左の高橋選手がリリーフ。「あれ?高橋を休めるために桑原を選択したんじゃないの?なんで7回裏に高橋じゃなかったの??」という疑問が浮かぶ。そしてピンチを迎えたところで、登板過多のマテオ選手をマウンドへ。「マテオって勝ちパターンで使う選手でしょ?なんでビハインドでわざわざ使うんだ??」と思っていた矢先にビシエド選手にホームランを浴びて、納得のいかない采配で負けを喫する結果となってしまいました。。。

Sponsored Link

2016年シーズンも金本阪神の采配に疑問を感じるシーンが多々ありましたが、4月20日の采配にはさすがに納得できなかった。青柳投手が好投していただけに、どうしても勝って欲しかったのに素人目から見てもボタンの掛け違いをしている感じがすごかったです。選手の調子など現場でしか分からない部分もたくさんあるでしょうけど、モヤモヤ感が残ってしまう敗戦でした。

香田コーチの投手起用がとてもとても心配です。。

選手起用や采配の責任はもちろん金本監督なんですけど、実際には各担当コーチが意見を出して動かしているケースがほとんどですよね。バッテリーの作戦は矢野コーチだし、守備は久慈・中村コーチ、打撃は片岡・平野コーチ、そして投手に関しては香田・金村コーチです。

金村コーチはブルペンにいますから投手起用については香田コーチが担当しているはず。香田コーチは元プロ野球選手で、性格も穏やかで優しい人なんですけどどうも采配がマズイ。投手起用は試合の結果を左右する大事なものなのは当然ですけど、首脳陣の采配に対して選手が疑問や不信感を持ってしまうことが恐い。チームの信頼関係が崩れると歯車が狂うので、優勝から遠ざかってしまいますよね。

今日から巨人戦。4連勝中と勢いに乗っている相手ですから采配ミスは命取りになります。メッセンジャー選手が第1戦目に先発予定なので、大量失点で大崩れってことはないでしょうから、しっかり点を取りつつ確実な投手継投をやってほしいなと思います。巨人に負けるのは、本当にイヤなので。。。

まとめ

金本阪神の采配に対して、少しシビアなブログ記事をアップしてみました。本日から大事な巨人戦ですし、何より私自身も参戦予定なので心配なのです!!ということで、本日も変わらず応援しましょう☆

Sponsored Link

その他カテゴリの最新記事