Read Article

高山俊には果たして彼女がいるのか。好みの女性のタイプや結婚の時期はいつ?

2016年シーズンから阪神タイガースに加入し、ルーキーイヤーから大活躍を見せて新人王を獲得した高山俊選手。大人気のベテラン鳥谷選手を抜いて、グッズ売上げがチームNo.1になるほど人気急上昇中の高山選手ですが、2017年シーズンも大事な場面で決勝タイムリーを放っていて大活躍中。

昨年以上の成績が期待されている高山選手ですが、多くの女性ファンが彼の恋愛事情について知りたがっているんじゃないでしょうか。そこで今回は、高山選手の恋愛の状況についてまとめてみたいと思います。

Sponsored Link

高山俊の彼女は本当のところいるの??

さて、早速本題に入りたいと思うのですが、われらが高山俊選手には彼女はいるのでしょうか。高校時代は日大三高で甲子園で大活躍し、明治大学時代も大学通算安打記録を樹立するほど有名な選手だったわけですから、モテにモテたのは間違いないでしょう。しかも阪神タイガースドラフト1位ですから、女性阪神ファンが黙っていませんよね笑。

2016年11月7日におはよう朝日ですという朝のテレビ番組にて、高山選手にインタビューするシーンが放映されたんですが、そこで高山選手が彼女についてコメントしました。「彼女はいないっす。キレイな人がタイプ。募集中です」という発言をして、阪神ファンはにわかに騒いでいたわけなんですね。

またまた~そりゃそう言うしかないよね、人気球団のグッズ売上げ1位の大人気選手なんだし、と私は思っていました。こんなテレビ番組で「彼女います」って言うリスクの方が大きいわけですし、いたとしてもいないと言わざるをえないのが有名人の宿命ですからね。

そして月日が経ち、2016年12月のクリスマス前だったとは思うんですが、関西ローカル「熱血タイガース党」というサンテレビで放送しているでまたもや彼女に関する発言が。この時期は完全にオフシーズンだったこともあり、鳴尾浜球場で自主トレをやっていた高山選手の表情もどこか柔らかい印象。これは高山選手の本音を聞けるチャンス!

男性アナウンサーがクリスマスの予定は?と高山選手に聞いたところ「ないです。普通に練習します」と答えていました。私が見たところ、本当に彼女はいなさそうな感じだったので、2016年終了時点では彼女はいなかったんじゃないかと予想しています。かなり欲しそうな雰囲気は醸しだしていましたけどね!

Sponsored Link

高山俊はいつ頃結婚するのか

若い年齢で結婚して家庭を持つケースが多いスポーツ選手ですが、果たして高山選手はいつ頃結婚するのでしょうか。現時点で彼女がいないということですが、作ろうと思えばいつでも作れる状況ですし、結婚したくなればすぐに彼女を作るでしょう。

そこで、阪神タイガースで大学もしくは社会人出身のドラフト1位選手の結婚時期をまとめてみましょう。

福留孝介 9年目オフ
糸井嘉男 2年目オフ
鳥谷敬  2年目オフ
榎田大樹 1年目オフ
伊藤隼太 4年目オフ
岩貞祐太 2年目オフ
横山雄哉 2年目オフ

一番遅かったのは福留孝介大先輩。1999年のルーキーイヤーから交際は始まっていたそうですが、2007年オフにメジャー挑戦を決断したタイミングで結婚を決めたそうです。お相手は5歳年上の姉さん女房だったことも当時驚きでしたよね。

大人気の糸井&鳥谷コンビも、入団2年目のオフシーズンに結婚しています。糸井選手のお相手は佐藤恵美さんという方で、鳥谷選手のお相手は裕子さんという聖望学園時代の1つ上のマネージャーさんです。糸井選手は投手として入団してなかなか結果を出せずに苦しんでいた時期、鳥谷選手は早くもショートのレギュラーを掴んだ時期でしたよね。

榎田選手は東京ガスからの入団ですでに25歳だったこともあり、大活躍した1年目シーズンのオフに結婚しています。隼太選手は慶應大学時代の同級生がお相手、岩貞&横山選手はいずれも2年目シーズンのオフに籍を入れました。この3選手はまだ一軍での活躍があまりなかった時代に結婚をしたタイプですね。

これらを見ていると、2年目のオフシーズンに結婚するパターンが一番多いことが分かります。ドラフト1位という将来有望の選手ですし、高山選手にいたってはすでに活躍している高額年俸必至の選手ですから結婚が早くても何も問題ないですよね。2017年シーズンが終わったら、高山選手の結婚報告が待っている可能性もありそうですね。

まとめ

高山俊選手の彼女や結婚について書いてみました。2017年に入ってすでに彼女出来ているかもしれませんが、2016年末の時点ではまだいなかったと思われます。世の高山ファンの女性の皆様、今がチャンスですよ!!

Sponsored Link
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

人気記事5選

Return Top