Read Article

鳥谷敬の年俸4億円は高すぎるのか。他球団の選手と比較して検証してみた。

2016年シーズンで大不振を極めた鳥谷選手ですが、2017年シーズンは絶好調のスタートを切りましたね。同い年の糸井選手が3番打者に入ったことで、鳥谷選手がプレッシャーの少ない6番打者に座ることができ、結果的に良い方向に進んでいるようですね。

さて、そんな鳥谷選手といえば阪神タイガースの顔として長年活躍し続けている選手なんですが、4億円という年俸が高すぎるのではないかという批判が多いですよね。阪神で最高年俸をもらっている鳥谷選手ですが、私自身も高いのかどうかが気になっていたんですよね。

そこで、今回は鳥谷選手の年俸4億円についていろいろ検証してみたいと思います。

Sponsored Link

プロ野球選手の収入源はどこなのか

そもそも、プロ野球選手の収入源はどこなのかという疑問があるのではないでしょうか。

大きく分けて3つあるのですが、入場料・放映料・グッズ収入によって決まると言われているそうです。このうち、半分以上が入場料でまかなっているそうで、つまり観客動員によるチケット代が主な収入源ということになりますね。ちなみに、2016年12球団のホーム球場観客動員数ランキングは以下のとおりです。

1.巨人     300万人
2.阪神     291万人
3.ソフトバンク 249万人
4.広島     216万人
5.日本ハム   208万人
6.中日     206万人
7.DeNA     194万人
8.オリックス  180万人
9.ヤクルト   178万人
10.楽天      162万人
11.西武      162万人
12.ロッテ     153万人

さすがは巨人、12球団で一番動員数が多いんですね。ホーム球場が東京であることも大きな理由でしょうし、そもそも日本で一番巨人ファンが多いですからね。ついで阪神が2位となるわけですが、やはりセ・リーグは人気が高いな~と思います。

さらに、放映料はといえば巨人戦がダントツで高いと言われています。1試合5000万円という噂もあるのですが、つまりは読売が放映権料をかなり取っているということですね。セ・リーグの他の試合は約1000万円と言われていますから、放映料でいえば巨人がダントツで多いと予想されます。ただし阪神タイガースについても、人気球団であることから放映料の収入が高いと言われているので、巨人に次ぐ2位にいるのではと言われています。

そしてグッズ収入は、12球団で一番高いのが阪神タイガースです。過去2年でリーグ優勝を成し遂げた広島やヤクルトも、年々グッズ収入を上げてきていますが、阪神タイガースのグッズ収入はNo.1です。2015年までは鳥谷選手が阪神で売上げ1位だったのですが、2016年は高山選手が1位で鳥谷選手が2位になったと言われていますね。

Sponsored Link

これらをまとめると、入場料・放映料・グッズ収入が12球団の中でもかなり高い阪神の選手は、高額年俸になる確率が高くなると言えますね。なかでも鳥谷選手はグッズ収入がかなり高いですし、彼を見るために球場に足を運ぶ女性はものすごく多いので、観客動員数への貢献度も高そうですよね。

つまり、阪神タイガースに所属する鳥谷選手の年俸は、高くて当たり前と言えるんじゃないでしょうか。

鳥谷選手と他球団選手の年俸を比較してみる

では、鳥谷選手がもらっている4億円という金額は果たして多いのでしょうか。

そこで2017年の年俸ランキングを見て比較してみようと思います。

メヒア     西武    5億
サファテ    SB      5億
金子千尋    オリックス 5億
中村剛也    西武    4.1億
鳥谷敬     阪神    4億
デスパイネ   SB      4億
松田宣浩    SB      4億
松坂大輔    SB      4億
和田毅     SB      4億
バンデンハーク SB      4億
攝津正     SB      4億

見てビックリなんですが、なんとソフトバンクは高額年俸選手ぞろい!そりゃ強いわけだ・・ということなんですが、これは孫正義オーナーの経営手腕の賜物と言っていいでしょうね。これだけ年俸を支給しても黒字経営できているそうですから、恐るべし孫正義といったところでしょう笑。

他球団に目を移せば、5億円の西武メヒアは入団からまだ4年目ですし、1回だけ本塁打王を獲得しただけの選手。打率.250前後、打点もやっと100点に届いたくらいですから、かなりの高額年俸と言っていいんじゃないでしょうか。オリックス金子選手も17勝を挙げたシーズンがありましたが、2015・2016年は7勝止まり。通算104勝の選手に5億円も支給するというのは・・少し疑問ですよね。

では鳥谷選手はどうでしょうか。ベストナイン6回、ゴールデングラブ賞4回、連続フルイニング歴代4位、連続試合出場歴代2位、2000本安打間近などなど、阪神だけではなく日本球界への貢献度は抜群。さらにイケメンがゆえに女性ファンをたくさん生み出しつつ、野球に対する姿勢や取り組みを後輩選手へ伝える役目も担っています。

そう考えれば、他球団の選手と比較しても4億円という数字は全く高いとは思いませんよね。むしろ5億円もらってもいいと思いますし、世の中の阪神ファンで鳥谷選手の高額年俸を批判している人には、もっと冷静に分析して考え直してほしいなと。この記事を見れば、鳥谷選手の球団への貢献度や4億円という収入の背景が分かると思うので。

まとめ

この記事を作成してみた背景として、鳥谷選手の4億円が高すぎるという批判の声が多かったことと、それによるファンから鳥谷選手へのプレッシャーを少しでも減らして良いプレーをしてほしいという願いがありました。この記事を読まれた心清い阪神ファンの方には、ぜひシェアして鳥谷選手を全力で応援してほしいと心から思っています!

Sponsored Link
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

人気記事5選

Return Top