Read Article

糸井嘉男の加入が阪神に与える3つの効果。2017年超人伝説が始まるゾ。

開幕から6試合が経ちましたが、阪神打線が絶好調ですね。3~6番まで3割以上、1・2番の高山・上本選手コンビも徐々に調子を上げてきていますし、これに北條選手の爆発が加われば強力打線の完成ですね!

その中でも、今一番アツい男といえば糸井嘉男選手ですね。開幕から6試合連続で打点を記録していて、ホームランも打点もリーグ2位につけています。しかも得点圏打率10割とか、まさに超人っぷりを発揮しています。今後の活躍も期待大なんですけど、彼自身の阪神加入による効果は絶大だと思うのです。

Sponsored Link

糸井嘉男加入による3つの効果とは

打率.400、3本塁打、10打点。開幕からスタートダッシュに成功した糸井選手ですが、彼がいなければ勝てなかった試合がすでに何試合もありますよね。本当に糸井サマサマ、よくぞ阪神に来てくれました!!

さて、そんな大活躍の糸井選手なんですが、私は彼の加入によるチームへの効果は計り知れないなと思っているのです。それは、大きく分けて3つあると考えております。

1.鳥谷敬の覚醒

キャプテン、レギュラー確約、長打力アップ指令、年俸4億円…etc。2016年の鳥谷選手には、ものすごく大きな期待と重圧がかかっていたために、不振とファンからの激しいバッシングに見舞われたのです。悲しいかな、若手主体のチームなだけに責任を背負えるのは鳥谷選手と福留選手くらいだったわけですが、鳥谷選手だけが不振だったために非難が集中してしまいました。

そんななか、同い年で友人である糸井選手が加入したことによって、ファンの目が糸井選手に集中。もともと表に出るタイプではない鳥谷選手ですが、糸井選手の登場により良い意味で注目度が下がったわけですね。キャプテンを外れ、レギュラーも剥奪の状態ですから、より自然体の鳥谷選手になれていると思うんですよね。

さらには、6番打者も鳥谷選手にとっては最適ではないでしょうか。糸井選手が3番固定になったことで、福留・原口選手が4・5番に座り、1・2番も高山・上本選手ら若手選手で埋めることができています。その後の6番打者は、ある意味自由にできる打順であり、目立つのを嫌う鳥谷選手には持って来いのように映ります。私個人的には、鳥谷選手を6番固定でずっと起用してほしいと考えています!

Sponsored Link

2.スター選手加入による戦力底上げ

バスケの神様と呼ばれたマイケル・ジョーダンは、シカゴブルズというチームに1984年に入団したんですが、引退の1998年までに6度の優勝を成し遂げている。ちなみにブルズの歴代優勝回数は6回ですから、ジョーダン在籍時にしか優勝できていないということになりますね。

スター選手がチームに加入すると、一気に強くなるということが歴史上たくさんあります。それはワンマンチームになるということではなく、大黒柱がいると他の選手の戦力も底上げされてチーム力も格段に上がるということなんですね。バスケも野球もチームスポーツであり、一人の実力が高くても勝てるものではないですから。

糸井選手の場合、走攻守すべての分野で超人的な能力を持っていますから、若手選手はビックリするんじゃないでしょうか。その影響により、阪神の選手は自分のストッパーが外れ、大きく実力を伸ばせるんだと思いますね。

3.勝ちにこだわり全力で戦う姿勢

糸井選手はこれまで「死ぬ気で戦います」という言葉を発していますが、彼はチームに勝ちや結果へこだわる姿勢を見せているんだと思います。金本監督が2003年シーズンから阪神に加入した時も、本気で戦う姿勢を植えつけたと言われていますが、金本監督も糸井選手にその姿勢を求めているんだと思います。

阪神タイガースは人気球団ゆえに、少し活躍しただけでマスコミの報道が過熱してしまいます。その影響から、たびたびチームの弱体化を招いているんですが、今まさにその弱体化した精神を叩きなおす時期にあります。ぜひ糸井選手には、チーム全体に大きな背中を見せ続けてほしいなと思っています!

まとめ

愛されキャラの糸井選手、早くも阪神ファンの心をガッチリ掴む活躍を見せていますね。チーム全体に相乗効果を生んでいるんですが、どんな効果なのかを解説してみました。まだまだたくさん好影響を与えてくれていますが、これが1年間続くことを期待したいですね!

Sponsored Link
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

人気記事5選

Return Top