Read Article

鳥谷敬は左の代打の切り札で起用か。若手躍進で失ったレギュラーポジション。

熾烈な内野手争いも、いよいよ決着の時が来たようですね。外野に関しては、福留・糸井・高山がレギュラー間違いなしと言われていましたが、内野手は誰一人レギュラーが決まっていませんでした。春季キャンプからワクワクドキドキして見ていましたが、開幕スタメンが決まりつつあります。

キャッチャー梅野、ファースト原口、セカンド上本、ショート北條。レギュラーとは言わないまでも、開幕スタメン出場はこの4人が濃厚ではないでしょうか。そして残るはサードですが、この1枠を鳥谷選手、糸原選手、中谷選手、キャンベル選手で争うという構図になっていて、まだまだ横一線といった印象です。

Sponsored Link

鳥谷敬、不運と裏目で苦悩の日々

私は個人的に運というものを信じる人間で、運・不運はあると思っています。そういう意味では、2016年からの鳥谷選手は「不運」であると言わざるを得ない気がします。

2016年シーズンは、金本監督から「強く引っ張って、長打を打てるように」と命じられ、春季キャンプから打撃フォームを改造したわけですが、これが不幸の始まりでした。逆方向に伸びるボールを打つスタイルだった鳥谷選手には、強いスイングは体に合わず、一気に不振に陥ってしまいました。私も見ていて、胃をギュッとつかまれたような感覚になったのを覚えています。

途中から元のスタイルに戻そうと思ったそうですが、すぐには修正できず、最後まで調子が上向かないままシーズン終了。また、打撃不振によるメンタル低下によって、守備でもイージーミスを連発し、とうとう聖域だったショートを北條選手に明け渡すことになってしまいました。新しいチャレンジをしたがゆえの大きな失敗、誰も責めることはできませんね。。

そして再起をかけた2017年、鳥谷選手は以前のフォームに戻すことで、以前の安定した成績を残そうと切り替えていました。しかしながら、2016年と違うのは「レギュラー剥奪」という状況だったわけですが、鳥谷選手はキャンプ前からショート一本での勝負を明言指していました。その覚悟とは裏腹に、この決断が不運を呼んでしまうことになるのです。

春季キャンプ終了後、ショートレギュラーが北條選手に決まってから、鳥谷選手はセカンドとサードにコンバートを余儀なくされたわけですけど、キャンプ中にショートしか練習してなかったツケが回ってくることになります。セカンド・サードともにエラーを連発してしまい、打撃はそこそこ好調ではあるものの、レギュラーに黄色信号が灯ってしまっているのです。これも、キャンプ中の判断が生んだ悲劇だとも言えますね。

Sponsored Link

若手選手躍進。鳥谷敬は「左の代打」として起用か

北條選手、中谷選手、高山選手、原口選手などの若手野手。中堅では8打席連続安打の上本選手や俊介選手が、オープン戦で結果を出し続けています。3月18日時点ですけど、中谷選手が打点王、高山選手が本塁打王に君臨していて、若手選手の躍動感がものすごく目立っている印象がありますね。

先ほど、内野の空きポジションはサードのみとお話しましたけど、正直、キャンベル選手か中谷選手が筆頭でしょうね。キャンベル選手はケガの回復状況によりますし、中谷選手は長打が打てる貴重な選手なので、何とかして出場させたいという首脳陣の意志もあるんじゃないかな~とは思います。それに、金本監督は結果を出した人間は必ず起用するので、目下打点王の中谷選手を控えに回すとは考えにくいですよね。

そう考えると、鳥谷選手と糸原選手は控えになる可能性が高い。糸原選手に関しては、高い守備力を持った選手なので、守備固め要員としては使える選手と言えますが、問題は鳥谷選手。打撃なら中谷選手だし、守備なら糸原選手となれば、鳥谷選手の出る幕がなくなってしまうのが現実ですよね。。

じゃあ鳥谷選手はどの場面で使えるのか。私は代打の切り札ではないかと思っています。

たった一度の打席できっちり結果を出すためには、高い集中力と豊富な経験が必要だと思っているんですが、まさしく鳥谷選手にピッタリな役目じゃないでしょうか。代打の神様と言われた八木裕選手は33歳から代打で起用されていますし、右の代打には狩野選手がいますが、左の代打は不在の状態。これを機に、私は代打転向もありじゃないかと、結構マジメに考えています。

年俸4億円の代打の切り札っていうと、血気盛んな阪神ファンから批判されるかもしれませんが、勝利を呼ぶ打席が増えればOKですし、鳥谷選手はファンが非常に多いので、グッズ売上げでも充分貢献していますから。あとは、金本監督が鳥谷選手をどう起用しようとしているのか、そして鳥谷選手の心境が次第となるわけですが、鳥谷選手、代打イヤだから引退するなんて言わないでね。。

まとめ

鳥谷選手の今後の起用法について、サード争いも絡めて書いてみました。打撃はまだしも、慣れない守備と衰えが素人目にも明らかなので、どうしても成長著しい若手選手を使いたくなってしまいますよね。世代交代の波が押し寄せてきていると言えば、それまでなんですけど。

でも、鳥谷選手には復活して欲しいし、中谷選手やキャンベル選手や糸原選手にも活躍してほしい。欲深き阪神ファンですが、開幕まで残り2週間しかないので、バッチリ開幕見据えて調整してほしいなと思います!

Sponsored Link
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

人気記事5選

Return Top