坂本誠志郎に備わる名捕手の才覚。高い統率力とリーダーシップで若き正妻誕生へ。

坂本誠志郎に備わる名捕手の才覚。高い統率力とリーダーシップで若き正妻誕生へ。

2015年ドラフト1位の高山俊に続き、ドラフト2位で指名された明治大学・坂本誠志郎。大阪の名門・履正社高校から明治大学へ進学し、大学時代はチームだけでなく日本代表でも主将を歴任するほどのプロ注目選手ではあったが、2位という上位で指名されるのは予想外。地元の阪神タイガースからの指名も、驚きだっただろう。

兵庫県の山奥にある養父市出身、初のプロ野球選手誕生で大歓迎ムードの地元のバックアップを受け、ルーキーイヤーから一軍定着。正捕手争いに向けた勝負の2年目となるが、捕手としての才能は他の選手を圧倒している坂本選手。筆者が一番期待している若手選手の一人なのだが、彼の魅力や特徴とは一体なんなのだろう。

Sponsored Link

坂本誠志郎から感じる「頭脳・統率力・洞察力」という才能

名捕手になれる選手とはどういった選手なのか。名捕手であり名監督でもあった野村克也さんが、ある番組で話した名捕手の条件に「頭脳」という答えがあった。野村さんが監督だった時代、ドラフトで指名する捕手を選ぶに当たり、学生時代の通信簿をチェックして、学業成績が優秀な選手をピックアップするようにしていたんだそうだ。

その条件が正しければ、坂本選手は根っからの「キャッチャー気質」なのだろう。小学校3年生の頃からキャッチャー一本、その理由は、人に対する振る舞いや姿を見て大人が判断したからだそうだ。さらに当時から頭が抜群に良く、誰しもがキャッチャーに適任だと口を揃えるほど、明晰な頭脳を持つしっかりした子供だったとのこと。

しかし、坂本選手の才能はそれだけではなく、高い統率力も兼ね備えた選手であるとも言えるのだ。小学校6年生の頃、出身地区にいる同級生を自ら集め、「6年生野球」というチームを結成するなど、高い統率力や行動力も幼少期から持っていたそうだ。なお、このチームのメンバーが好きだったため、中学時代は硬式ではなく、中学の野球部でのプレーを選択したという背景もある。大学時代も、チームと日本代表で主将を任されるなど、統率力がある選手だった証拠もたくさん存在する。

そしてもう一つ、洞察力も坂本選手が持つ才能でもある。一球一球すべての配球に根拠があり、打者の心理を読んだ球種とコースを選択できる。さらに、ランナーの牽制や送球面でもクレバーさが垣間見え、ランナーの次の一手を予想して動ける力は、他のキャッチャーより抜きん出ている。まさしくキャッチャーになるべくしてなった、と思わせてくれる選手なのだ。

相手チームが坂本誠志郎を警戒するユニークな才能とは

ミスターキャッチャーと言っても良いほど、坂本選手の性格はキャッチャー気質。頭脳・統率力・洞察力という非凡な力を持っているのだが、相手チームが警戒する坂本選手の才能は他にもあるのだ。

それは、坂本選手の「声」である。

ベンチ要員として一軍に帯同する機会が多かった2016年シーズンだったが、ベンチから発せられる大きな声は相手チームのベンチまで届いていたのだ。関西出身という土地柄も影響し、坂本選手が相手チームにヤジを投げかける機会が多かったそうだが、ゲームに集中しづらいと警戒されていたそうなのだ。

Sponsored Link

団体スポーツの勝敗は、実力だけで決まることはほとんどない。チームの雰囲気や相性、メンタルの充実度などさまざまな要因が関係するのだが、ヤジは時として大きな効果を発揮する。相手チームへの不快感だけでなく、自チームの雰囲気や士気を上げるケースがあるなど、おいそれとは無視できない行為なのだ。もちろん、限度はあるとは思うが。。

阪神タイガースは人気球団ゆえに、少しのミスでマスコミからバッシングを受けることが多い。それを恐れるあまり、阪神の若手選手はマスコミを嫌うことが多く、多くを語らないことが多い。それだけなら良いが、試合中も大人しくなってしまい、なかなか勢いに乗れないことが散見されていた。そんななか、大声張り上げて雰囲気を作り出す坂本選手は貴重な存在であり、少なからず勝利に貢献しているのは確かだろう。

正捕手獲得を目指して頑張っている最中、ベンチで盛り上げて欲しいというのは酷な話だが、グラウンドでも声で引っ張ることも意識して欲しい。相手チームから「ヤジ将軍」と呼ばれるくらい、もっともっと関西人らしく吠えてみれば正捕手をつかめるかも??

色濃く分かれる正捕手候補3選手の特徴を

さて、正捕手争いもクライマックスを迎えている。原口選手のファーストコンバートにより、残るは梅野選手、岡﨑選手、坂本選手の3選手と言っていいだろう。3名それぞれ特徴が異なり、選出が非常に困難になると予想されるが、どんなタイプなんだろうか。

梅野選手:強肩強打
岡﨑選手:キャッチング・配球
坂本選手:センス・統率力・頭脳

梅野選手は、背筋力220kgオーバーのパワーを武器にしている選手だ。配球など頭脳的な部分を課題にしていたものの、2017年は改善が見られるため、正捕手に一番近い位置にいると考えられる。岡﨑選手は、ベテラン選手らしい配球とキャッチングの上手さを武器にしている。2016年開幕マスクを被ったものの、不振とケガで戦線離脱したため正捕手を掴みきれなかった。この悔しさをバネに、一気に正捕手獲りを狙っていることだろう。

坂本選手は、センスと頭脳に長けている選手だ。しかしながら、技術的な部分では物足りない印象があるため、打撃も守備も他の選手に及ばないと思われる。将来性という意味では◎だが、2017年の正捕手としては厳しい状況になっているのではないか。個人的な感想だが、私はそう思う。しかし、技術力があればすぐに正捕手になれるセンスを有しているため、坂本選手にはじっくり実力アップを図っていただきたいところだ。

まとめ

坂本誠志郎のキャッチャーとしての才能は、12球団イチだと個人的に思っている。技術力をこれから補えれば、日本代表に名を連ねる名捕手になる可能性すらあるのではないか。次のWBCは2021年、坂本誠志郎が侍ジャパンとしてマスクを被っているシーンを想像するだけで、ワクワクドキドキが止まらない。

Sponsored Link

守備の要キャッチャー編カテゴリの最新記事